フォトアルバム

今・NOW・なう

« 改良したランディングネットの見栄え是正 | メイン | 大腸内視鏡検査を受ける »

2012年2月 9日 (木)

家紋と由来を調べる

私の家の家紋は、「三つ茶の実」である

    (地図&写真&ファイルを削除20130714)  

先祖探しの一環で、家紋の由来を調べてみた

「茶」はティとかチャイとか発音は変化しても、世界語になっている。

橘紋に酷似していて、おそらく橘紋から転化したものだろう。

    (地図&写真&ファイルを削除20130714)   

橘紋は、実のうしろに三つ葉を敷いているが茶の実紋にはない。

また茶の実紋は実の先が三分されているのですぐ区分できる。

紋として用いられるようになったのは、

  やはり高貴薬として伝来した茶の霊妙な作用、

  長寿の効用などにあやかったものであろう。

【主な使用家】

茶の実を家紋としているのは、

清和源氏系の村田、山田の両氏、

桓武平氏流の津田・三田・相馬の諸氏、

藤原氏秀郷流の松村、赤堀氏。

また藤原氏支流の室田・鵜飼・太田・小野の諸氏も用いている。

そのほか、橘氏流の米田、菅原氏流の土田氏なども使用している。

とのことであるが、私の苗字は出てこない

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/27902153

家紋と由来を調べるを参照しているブログ:

コメント

京都山科区 谷さんへ
コメントありがとうございます
皆さんが同じ家紋ということは、どこかで何らかの繋がりがあるのでしょうね!
戸籍でが遡るのに限界がありますので、他に手段があると良いのですが・・・

たまたま拝見したのですが私の家紋も丸に三つ茶の実です。谷さんとは遠い親戚かもしれませんね。

さいたまの大根ばあさんへ
小生の拙いブログに訪問頂きありがとうございます。
サーバーの容量枠を超えたりしましたので、家紋の写真を削除しています。
又 戸籍を遡っての先祖探しでは、1803年生まれの6世の祖までは判りました。
名字の由来も郷土史を調べたりしたのですが不明のままです。

こんにちわ。私も自分のルーツが気になって家紋の説明を読んでいた所(家の家紋は三つ茶の実です)、たまたまこのブログに出会いました。
私の本家は10代前から埼玉に住んでいるそうですが、本家は50年位前まで大根の種屋さんをしていました。その大根の名前が聖護院という名前だったので、子供心に何でこんな大層な名前なんだろう?と不思議に思っていました。
以前はそれほど深くは考えていなかったのですが、もしかすると、私のルーツは京都の方にあるのかな?と考えるようになりました。

京都の谷さんへ
コメントありがとうございます
小生の「先祖探し」は中途半端なままでして、お恥ずかしい限りです
年寄りが暇に任せて気ままに綴っているので
貴殿様のお役に立つかどうか・・・

今日は、京都の谷と言います
私の家紋は丸に三つ茶の実です
家系は古いのですが、本当か嘘か判らないのが
神秘性が有って良いのでしょうね
私も歴史には興味もあり
時々blogを拝見させていただきに参ります
当方 昭和26年の兎年

興味の差は男女の差ではなく個人差かも?
ご先祖が有っての現在の私ですから・・・
親からの引き継ぎ(過去帳等)がないので
自分で遡ってみないと
自分の子供にも引き継げません

嫁ぎ先の家紋は知りません
実家の家紋はたしか~~??
抱き茗荷だったかな?
父方のご先祖様は新潟県高田藩
母方は秩父の織物工場経営だったと聞いてますが
現在は確認しようがありませぬ・・・・・
昔の事に余り興味が無いのは女だからかな?
男性の方がより興味を持ちますね(^^)

コメントを投稿