フォトアルバム

今・NOW・なう

« 中部地方の構成県名は? | メイン | 管釣り場「鹿島槍ガーデン」からDMが・・・ »

2012年3月22日 (木)

記紀(古事記・日本書記)にハマる

本屋に行って目に付いた

毎日が日曜日の小生に、

 何かテーマはないかと物色していたら

 この本が自己主張して来たのである

 (地図&写真&ファイルを削除20130714) 

図解 古事記・日本書記西東社

学生時代はイヤイヤだった古代歴史

(勿論 すべての科目が嫌だったのではあるが・・・)

 ちょっと覗いてみると かなり面白い

そもそも 古代人は何故 どのようにして

 高天原(たかまがはら)に住む神を想像し

 神話を生み出したのであろうか?

種々の知識や学問 勿論伝承書物等も無い中で

 自然やそのしくみの取り込みと使い方を理解し

 人間社会や組織或いは秩序の形成の中に役立て

 道具や機械も無い中での沢山に現存する神殿造りや

 国内各地での伝説や出来事等

 古代日本人の叡智と浪漫を感じない訳にはいかないし

 現代に継っているってのがすごい!

現在の情けない日本はさて置き

 日本人で良かった・・・

これからの我が輩の旅「見て歩き」に

 影響を与えるかも・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/28138615

記紀(古事記・日本書記)にハマるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿