フォトアルバム

今・NOW・なう

« 四国別格二十霊場巡り | メイン | 四国 お遍路周辺の豆知識 »

2012年4月 1日 (日)

四国お遍路の豆知識

南国四国と言っても

 標高がそこそこ有って

 夏季は涼しく、冬季は積雪ってお寺も・・・

 (地図&写真&ファイルを削除20130715) 

  

ご本尊の像名と数

 (地図&写真&ファイルを削除20130715) 

  

・プチ仏像入門

 興味津々「のっぽ的雑学の深掘り」その⑤

 ・ご本尊とは、

  信仰の対象として安置された像等で

   両脇の像(脇侍という)と合わせて”三尊”と言う

  ・如来(にょらい)=悟りを得た(開いた)存在

    仏の国(浄土)の最高位でブッダとも言う

     因みにブッダとはサンスクリット語で

      「目覚めた人」「悟った者」などの意味

    服は布きれ1枚

    (大日如来だけは

      宝冠やアクセサリーを身に付けている)

  ・菩薩(ぼさつ)=ただいま修行中

    他者を救う“行”中で、すぐ助けに行けるよう

    基本的に立ち姿で表され、瞑想には入らない

    胸飾りやブレスレットを身に付けている

  ・明王(みょうおう)

    修行する者を煩悩から守る仏

    真言宗だけに登場

  ・天部(てんぶ)

    仏教に帰依した(すがった)元ヒンドゥーの神々

    女神は、豊穣の恵みをもたらし

    男神は、魔物から仏界&仏法を守る

    ・梵天 =仏法の守護神

    ・阿修羅 =最強戦闘神

    ・帝釈天 =仏側の戦闘部隊の総大将

            妻は阿修羅の娘

        金剛力士(仁王)は帝釈天の2体分身神

          阿形(あぎょう)像=魔物を恫喝

          吽形(うんぎょう)像=仏前での改心を促す

          (2神は一心同体であり

            “あ・うんの呼吸”の語源)

    ・四天王=帝釈天の部下

        ・持国天=武器を持つ

        ・増長天=武器を持つ。鬼神の長

        ・広目天=筆と巻き物を持つ

        ・多聞天=四天王の中で最強

    ・鬼子母神=安産&子供の守護神

    ・吉祥天 =鬼子母神の娘 毘沙門天の妻

    ・七福神 =幸運の神

        毘沙門天(天部の守護神)はその一人

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/28817567

四国お遍路の豆知識を参照しているブログ:

コメント

これからの季節はベストシーズンでしょうね
今熊本は桜が満開
徐々に北上するでしょうし
その分 混雑するかも・・・

これを見ると、標高では高野山龍神ラインが高いのですね1200メートル地帯がありました
雪が無くても凍結の為チェーン通行のみと言われても納得できるわね

コメントを投稿