フォトアルバム

今・NOW・なう

« 四国108ケ寺逆打ち巡拝の旅(10日目) | メイン | 四国108ケ寺逆打ち巡拝の旅(12日目) »

2012年5月 4日 (金)

四国108ケ寺逆打ち巡拝の旅(11日目)

'12-4-18(水) 走行域

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

A点:道の駅「藍ランドうだつ」を出発

B点:15番札所(四国八十八ケ寺中 唯一の曹洞宗寺院)

 「阿波国分寺」 山門 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 本堂

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

C点:14番札所(四国八十八ケ寺中で唯一、弥勒菩薩が本尊)

 「常楽寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 若い高校生風の二人が、境内の掃除をしていた

  お早う ご苦労様と声をかけたら

  お早うございますと返事 気持ちの良い朝であった

  想像するに 隣接の常楽園の子供達かと・・・

D点:13番札所(奥の院を2つ持つ)

 「大日寺」 しあわせ観音像

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

移動中R438号では、案山子達の「花見の宴」が・・・

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

杖杉庵」(四国遍路の元祖・衛門三郎の終焉の地

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 
  (納経は太龍寺の納経所で頂ける)

 男性二人が境内の草取り奉仕をされていたし

 その方々にご近所の方がお茶を出しておられた

E点:12番札所(大師が大蛇を岩に閉じ込めた?)

 「焼山寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

移動中の県道20号では、案山子のサザエさん一家が・・・ 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 御用聞きの三郎(さぶちゃん)もいた

 この場所は、1年半前には

  案山子達がみんなで「かぶ」を抜く があった所 

F点:別格2番札所(大師が「いろは歌」を創作した地?)

 「童学寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 お筆の加持水と言う泉(達筆者になれる?)

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

G点:11番札所(12番札所まで細く嶮しい山道で約13キロの

  往古の遍路道、男8時間、女9時間かかるといわれる

  遍路の難所(遍路ころがしと言う)が今に残る)

 「藤井寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 古道入口( 撮影時刻11:33 この時刻からだと

  どうかな?と御仁ちょっと躊躇かな?)

 (地図&写真&ファイルを削除20130720)  

H点:10番札所(333段厄除けの石段)

 「切幡寺」 山門

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 寺号の由来「はたきり」観音像

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

I点:9番札所(松葉杖なしでは歩けなかった人が、

  杖無しで歩ける様になった?)

 「法輪寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

J点:8番札所(駐車場から本堂まで御詠歌が流れている)

 「熊谷寺」 山門

  (和様と唐様の折衷で四国霊場最大級の木造山門)

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 参道入口にこんな張り紙が・・・

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 本堂に行くと 金色のご本尊(千手観世音菩薩)

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 四国地方最古最大規模の多重塔

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 駐車場下の道路の更に先にも山門が・・・

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

K点:7番札所(人間が極楽浄土に往生すると、

  十の光明に輝く悦び(十楽)を授けられる?)

 「十楽寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

L点:6番札所(天然温泉の大浴場がある宿坊)

 「安楽寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 さかまつ(猟師の弓矢から大師を守った?)

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

途中で「技の館アサン工房」に寄り道するも

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 がらんとしていて 何も無し 人もいない

  (この施設は何なのだろう?)

M点:更には傍の「阿波和三盆糖資料館」も何故か休み

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

N点:5番札所(ご本尊:勝軍地蔵像は甲冑を身につけ、

  右手に錫杖、左手には如意宝珠をもち、

  軍馬にまたがる勇ましい姿)

 「地蔵寺

 参拝前に駐車場で 参拝済みの

  例のビデオお遍路さんに再会

  大阪ナンバー車で、高野山にも行かれるそうな

  今は治っているが、途中でビデオの調子が

  悪くなって困ったとの事

  治って良かったですね

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 奥の院 五百羅漢堂

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 私に似た顔を探すも見つからず

O点:別格1番札所(源義経屋島の合戦の折、

  戦勝祈願した?)

 「大山寺」 山門

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 その先の参道(思いっきり階段)

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 手水鉢の給水部(無数の五円玉が・・・)

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 別格二十ケ寺は、これで”結願”

P点:4番札所(1階は角柱、2階は丸柱製の山門)

 「大日寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

Q点:3番札所(大師が井戸を掘り、霊水が出た?)

 「金泉寺

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

 (地図&写真&ファイルを削除20130720) 

あせび温泉を訪ねるも定休日 

R点:今夜の宿泊地 道の駅「第9の里

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/29042181

四国108ケ寺逆打ち巡拝の旅(11日目)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿