フォトアルバム

今・NOW・なう

« 古代ハスの花を見に行く | メイン | マイクロスケール(軽量秤)を探す »

2012年6月25日 (月)

0.5g以下のスプーン用タックルを考える

管理釣り場での「低活性なトラウト達」に

 口を使わせるのに、

 超軽量スプーン(0.5g以下)が有効らしい

因みに1円玉の重さは1g

 (地図&写真&ファイルを削除20130720)

この1円玉の半分以下の軽量のスプーンを

 7M程もキャストするのは、

 相当な技量もさることながら、

 道具(タックル)の選択も重要なはずである

そこで対応出来るロッド一覧を作ってみた

 (地図&写真&ファイルを削除20130720)

 メーカーが言うXUL(軟らかい)タイプに限定

 0.5gでも使えるRODはそんなに多くない

続いて、使えそうな極細ラインも一覧にしてみた

 (地図&写真&ファイルを削除20130720)

 1.5lbs以下のラインを

 ナイロン材とフロロカーボン材とに別けてみた

因みに 0.5g以下のスプーンって

 どんなのがあるのかも一覧にしてみた

 (地図&写真&ファイルを削除20130720)

九重フィッシングリゾートでの

 釣り競技会では、レギュレーションで

 20mm以下のスプーンは使用禁止だし

 フロントフック仕様も使用禁止なのである

 更にスペックが明確でないものもあるので

 使えるルアーは限られているようである

いずれにしても、キャスティングの練習は

 必須である

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/29280833

0.5g以下のスプーン用タックルを考えるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿