フォトアルバム

今・NOW・なう

« 熊本県マンホール蓋を分析す② | メイン | マンホールデザインの意味を調べる② »

2012年10月 9日 (火)

熊本県マンホール蓋を分析す①

およそ3ケ月での県内の蓋写真収集結果を

 分析してみる

①収集状況

 (2017-04-14 写真削除)

    (クリックすると拡大します)

  MAPで表現

 (2017-04-14 写真削除)

 各市町村の財力や地理的条件或いは

  下水処理事業等の背景が見え隠れ・・・

②デザイン蓋の標準サイズ品(無彩色+カラー)の分析

 A:市町村の表し方

 2_2 

 B:絵柄

  無粋ながら、路上アートを分析してみた

 3_2

 6

  ・この様なデザイン蓋は、

   今後消えていく運命なのでしょうか? 残念ですね!

  ・最新のデザイン蓋の時期を推定すると

   平成17年10月1日に合併したこの蓋でしょうか?

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)  

     

  ・カラーでの最多色使い数7色の蓋はこちら

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)  

  

  因みに全カラー蓋の色使い単純平均数は、3、1色

 C:用途

 5_2

  無とは、未表記の事ですハイ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/30008845

熊本県マンホール蓋を分析す①を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿