フォトアルバム

今・NOW・なう

« 大分県北部のマンホール蓋探索旅のエピローグ⑤ | メイン | 熊本県山鹿地区の風景印 »

2012年12月 3日 (月)

大分県北部のマンホール蓋探索旅のエピローグ⑥

中津市旧本耶馬渓町マンホール蓋と

 境界看板の絵柄説明を

 同市役所 総務部企画財政課から頂きました

 こんな絵柄でしたが

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 境界看板

 Photo_8

 「山国川と青の洞門競秀峰

・中津市旧三光町境界看板の絵柄説明

 Photo_9

 「八面山三光桃

 マンホール蓋

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

 

 「村木や村花 及び村鳥ではなく

  この地をイメージして 梅にウグイス

  となったそうです」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/30484685

大分県北部のマンホール蓋探索旅のエピローグ⑥を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿