フォトアルバム

今・NOW・なう

« 大分県のマンホール蓋探索旅⑨ | メイン | 大分県のマンホール蓋探索旅⑪ »

2013年5月19日 (日)

大分県のマンホール蓋探索旅⑩

竹田市旧直入町

 Photo_32

  長湯温泉と町の花 ツツジ

 下水道未整備 振興局です

 Photo_33

 このパトカーは、小生を捕まえに来ていた訳ではない!?

大分市旧野津原町

下水道未整備 新築で立派な振興局をパチリ

 Photo_34

大分市に入る

 Photo_35

 戦国時代のキリシタン大名大友宗麟

  南蛮文化の南蛮船と望遠鏡

  および高崎山の日本猿

ここから ちょっと興奮の蓋写真ゲットとなる

 まずは雨水用のカラー蓋

 高崎山の猿の親子と市の花=さざんか 

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

 隣には、同じ絵柄で汚水用

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

  

 雨水用の色違いも

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

 こんな絵柄(これもさざんか?)や 

 穴開きだから雨水用と思える蓋も

  うなぎ?や蟹までは判るが・・・

 

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 規格デザイン蓋も数種ゲット

野菜やくだものも売っています

 Photo_3

大分市旧佐賀関町

 Photo_36

 下水道未整備 ここも立派な振興局

 Photo_37

道の駅 佐賀関 が今夜の宿

 大分市方面に沈む夕日

 Photo_38

仙台ナンバーの車中泊の旅人と話す

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/31543469

大分県のマンホール蓋探索旅⑩を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿