フォトアルバム

今・NOW・なう

« 大分県のマンホール蓋探索旅⑬ | メイン | 七十二候を感じる その3 »

2013年5月20日 (月)

大分県のマンホール蓋探索旅⑭

さて 残るは2町

その1つ 玖珠町

 原則 下水道未整備なのだが、

 役場前に町章が無い蓋有り

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

 念の為 役場もパチリ

 Photo_11

最後の町 九重町

 ここも下水道未整備なので、役場の写真

 Photo_12

と 敷地内にある「電気用」のマンホール蓋

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

やったぁ~制覇だぁ

おまけに 九重町のトンネル絵

 Photo_4

今回の延べ走行距離=830Km

 Photo_13

ウムッ!ちょっと待てよ

 合併後の新生各市章付きの蓋が無いゾッ

   (豊後大野市、竹田市、由布市、杵築市、国見市、宇佐市)

  ご時世か デザインマンホール蓋は存在せず

   耐スリップマンホール蓋であろうから、

   収集の対象とはしないという事でOKとしよう。

 がしかし、下水道未整備ではあるが、

  合併前の旧竹田市の蓋は撮ってこないと

   完全制覇とは言えないなぁ

ところで、疑問が1つ

 合併後の旧町村役場名であるが、

  振興局だったり、

  地域センターだったり、

  支所だったり、

  庁舎だったり

 何を根拠に使い分けているのであろうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/31546067

大分県のマンホール蓋探索旅⑭を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿