フォトアルバム

今・NOW・なう

« 大分県のマンホール蓋探索旅⑦ | メイン | 大分県のマンホール蓋探索旅⑨ »

2013年5月19日 (日)

大分県のマンホール蓋探索旅⑧

臼杵市

 Photo_25

 何故か”ふぐ” と後方には 龍原寺の三重塔

マンホール蓋の絵柄

 西暦1600年に臼杵湾に漂着したオランダ船リーフデ号

  市の木=カボス

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

全面にカボスを描いた蓋も

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

中央に、合併前の旧臼杵市章(臼)の蓋

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

中央に、合併後の新生臼杵市章の親子蓋

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

臼杵市旧野津町

 Photo_26

  文字はすべて消されている

  とんち話で有名な吉四六(きっちょむ)さんを描いてる?

蓋は、町の木や花ではない 竹、梅に石橋(虹澗橋?)

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14)

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/31543051

大分県のマンホール蓋探索旅⑧を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿