フォトアルバム

今・NOW・なう

« 七十二候を感じる その6 | メイン | '13年 2度目の管理釣り場での釣り大会 »

2013年6月 5日 (水)

ラインメーカーの廻し者ではありません

東レ製の新製品 管理釣場専用ナイロンライン

 ソラローム Ⅱトラウト リアルファイター

  エリアスペック(2lb)を 使ってみた

 Photo_3

 今までのラインより1ランク分細くなっている

  線径=0.104mm前後 → 0.09mm

ハードとソフトの2タイプ共使用してみたが、

 共に軽量のマイクロスプーンが良く飛ぶ

  ライン重量=0.097g/10M → 0.072g/10M

  例えば 0.5gのスプーンだと

  ルアー重量÷ライン重量(10M当たり)=

    5.15  → 6.94

    ルアーが飛ぶはずである!    

実釣でのアタリをみると、

 まだまだ初心者の域を出ない小生には、

 伸度が少ないハードタイプの方が合うようであった。

  1M当たりの伸び差=10mm程

欠点

 ①細くてライン色「ナチュラル(無色透明)」が

  還暦過ぎのシルバー釣りパパ(スナックでの愛称)には、

  光の加減や空の反射具合で 見辛いのである

  キャスト毎に水に浸けて少しでも見やすくしてはいるが・・・

 ②ライン撚れの出方が早いかも・・・

  リールドラグ強度設定とのバランスもあるが、

  早めのラインカットが有効のようである

 ③スナップとの結節強度が若干落ちるかも・・・

  ユニノットをパロマーノットに変更し

  且 早めの結節遣り直しが必要なようである

早速 6月2日の釣り大会「ココキン本戦」で使用した

 アタリが渋かった割には、よく釣れた方であると思う!?

 あくまでも 自己分析であるが・・・happy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/31606161

ラインメーカーの廻し者ではありませんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿