フォトアルバム

今・NOW・なう

« '13年 2度目の管理釣り場での釣り大会 | メイン | 6月8,9日(土日) 男女7人釣り物語 »

2013年6月10日 (月)

七十二候を感じる その7

本日(6月10日)は、

 「腐草為螢(くされたるくさ ほたるになる)」

 腐った草がになる(?)時期らしい

 2

昔の人は、枯れて腐った葉が螢になったと

 思ったらしいのです!?

ホタルの語源は、光リながら飛ぶ様をみて、

 火垂る虫あるいは星垂る虫ということから

 きているそうです

「源氏螢」や「平家螢」は、水辺の螢

 「姫螢」は、陸地の螢

<季節の風物詩>=梅雨の時期として

 ・紫陽花(あじさい):気象台が開花宣言を出すんですね!

  Photo

   (自宅の紫陽花)

 ・紫陽花と言えば 蝸牛(かたつむり)でしょう

 Photo_2

  童謡に出てくる「でんでんむし」や「まいまい」とも言う

  自宅の紫陽花で蝸牛を探したけれど 見つからず

 因みに、カタツムリは 雄雌の区別が無いそうな

 1匹で雄と雌の両方の働きをするのです。じぇじぇじぇッ!

  でも、2匹以上いないと卵は産まれないのだそうです

  なんか面倒であるが・・・

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/31615993

七十二候を感じる その7を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿