フォトアルバム

今・NOW・なう

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月28日 (日)

七十二候を感じる その16(大暑ー次候)

本日(7月28日)は

 「土潤溽暑(つちうるおうて むしあつし)」

 土がじっとりとして 蒸し暑くなる時節

この際 徹底的に暑い表現

 「極暑」=暑さの盛り

 「炎暑」=燃えるような暑さ

 「酷暑」=苛酷な暑さ

気象用語での、最高気温での表現

 「猛暑日」=35℃以上

 「真夏日」=30℃以上

 「夏日」=25℃以上

 因みに 夜間の最低気温が25℃以上を「熱帯夜」

続きを読む »

2013年7月23日 (火)

七十二候を感じる その15(大暑ー初候)

本日(7月23日)は

 「桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ)」

 桐の花が初めて咲く時節

 Aogiri01 

 ここで言う「桐」は、「梧桐(あおきり)」のことらしい

続きを読む »

2013年7月21日 (日)

宮崎県のマンホール蓋 探索④

今回 撮影したマンホール蓋絵は

 「日本マンホール蓋学会」のHPにUPされた後

 確認してください

流石 南国 都井岬への道

 Photo_11

続きを読む »

宮崎県のマンホール蓋 探索③

今回 撮影したマンホール蓋絵は

 「日本マンホール蓋学会」のHPにUPされた後

 確認してください

綾町の照葉大吊橋(蓋絵にも使われている)

 1

 やはり入場料が必要だった(¥300円)

続きを読む »

宮崎県のマンホール蓋 探索②

今回 撮影したマンホール蓋絵は

 「日本マンホール蓋学会」のHPにUPされた後

 確認してください

延岡市北浦町のトンネル絵

 「りゅうぐうのつかい」?何だ???

 4_2

続きを読む »

宮崎県のマンホール蓋 探索①

7月16日午後~20日午後までの間

 宮崎県内のすべての市町村を巡って

 蓋の撮影を行って来た

 全走行距離1,655Km

Photo

続きを読む »

2013年7月20日 (土)

七十二候を感じる その14(小暑ー末候)

7月17日は

 「鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)」

 鷹の幼鳥が、飛ぶことを学習する頃

 つまり 巣立ちの時期らしい

 Photo

紅の大緒(おほを)をつなぐ鷹匠の

 拳(こぶし)をはなれ 鷹飛ばんとす

 (正岡子規)

続きを読む »

2013年7月14日 (日)

七十二候を感じる その13(小暑ー次候)

一昨日(7月12日)(UP遅れましたへへへ)は

 「蓮始開(はす はじめてひらく)」

 蓮の花が咲き始める時期らしい

花托が蜂の巣に似ているから、「はちす」と言う古名

 Cimg1089

  (昨年6月23日の撮影)

  古代インドや仏教での象徴

 インド、スリランカ、ベトナムの国花

続きを読む »

2013年7月12日 (金)

大分県臼杵市の道しるべ風蓋

臼杵市役所からの案内で得た敷設マップを元に

 Cimg2945

 既に撮影済みの3点を除き

 残りの7点を撮影す

臼杵市役所からの案内では、

 平成16年5月 ~ 平成17年3月にかけて、

 「まちなみ散策サイン事業」の一つとして設置。

 臼杵市の歴史的な町並みを散策される方々に、

 わかりやすい案内表示をするため、

 案内板や標柱・標識などと併せて実施したとのこと。

続きを読む »

大分県南部 マンホール蓋探訪 補足の旅(その4)

大分県佐伯市役所からの情報で

 佐伯市の「大入島おおにゅうじま」を訪ねる

行きのフェリー乗り場

 Cimg2926_2

こんなフェリー

 Cimg2925

続きを読む »

2013年7月 7日 (日)

七十二候を感じる その12(小暑ー初候)

本日(7月07日)は

 「温風至(あつかぜ いたる)」

 暑い風が吹いてくる時節

梅雨の湿気を伴って、蒸し暑くなる

 Photo_3

<一口メモ>この時節の南風の呼び名

 「黒南風(くろはえ)」=梅雨入りの頃

 「荒南風(あらはえ)」=梅雨の中頃

 「白南風(しらはえ)」=梅雨明けの頃

 白や黒は、雲の色からの命名らしい

続きを読む »

2013年7月 1日 (月)

七十二候を感じる その11(夏至ー末候)

本日(7月02日)は

 「半夏生(はんげ しょうず)」

 「半夏(はんげ)」(=「烏柄杓(からすびしゃく)」の漢名)が

  この時期に生え出すと言う

 Photo

 先が細長く伸びた袋のような花を

  烏の柄杓に見立てたらしい

 毒草だが、乾燥させた根が漢方薬になる

続きを読む »