フォトアルバム

今・NOW・なう

« 七十二候を感じる その11(夏至ー末候) | メイン | 大分県南部 マンホール蓋探訪 補足の旅(その4) »

2013年7月 7日 (日)

七十二候を感じる その12(小暑ー初候)

本日(7月07日)は

 「温風至(あつかぜ いたる)」

 暑い風が吹いてくる時節

梅雨の湿気を伴って、蒸し暑くなる

 Photo_3

<一口メモ>この時節の南風の呼び名

 「黒南風(くろはえ)」=梅雨入りの頃

 「荒南風(あらはえ)」=梅雨の中頃

 「白南風(しらはえ)」=梅雨明けの頃

 白や黒は、雲の色からの命名らしい

<季節の風物詩>

・星合の空

  七夕の夜 牽牛(彦星=鷲座のアルタイル)

  織女(織姫=琴座のベガ)の夫婦が逢う事を「星合」と言う

 2

  因みに、織姫は天帝(天の神)の娘

星の逢瀬 なんと壮大なロマン・・・ 

話は変わるが、

カルピスのパッケージの水玉模様は、

発売日の七夕にちなんで天の川をイメージしたものなんだと。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/31688559

七十二候を感じる その12(小暑ー初候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿