フォトアルバム

今・NOW・なう

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

大分県のフォローアップ探索⑤

引き続き 別府の地獄めぐり

海地獄

2_4 

続きを読む »

大分県のフォローアップ探索④

かまど地獄の続き

2_3 
 

続きを読む »

大分県のフォローアップ探索③

別府の地獄巡り

 全8地獄の通し入場券を、2000円で購入

Photo_8 

続きを読む »

大分県のフォローアップ探索②

豊後高田市真玉町内で

 実敷設の2種類の蓋を探す

漁集(漁業集落排水)用の蓋はすぐに見つけるも

 公共下水道用の新規蓋は発見出来ず。

諦めて、国東半島を縦断(完全一周となる)し、

 日出町(ひじまち)での・・・

続きを読む »

大分県のフォローアップ探索①

初日は各所の「展示カラー蓋」を撮る

①安心院の浄化センター

Photo 

続きを読む »

2013年9月29日 (日)

七十二候を感じる その28(秋分ー次候)

昨日(9月28日)から、

 「蟄虫坯戸(むし かくれて とをふさぐ)」

 虫が土の中に入って、

  入口を塞ぐという意味だとか・・・

啓蟄の初候(今年は3月5日でした)

 「蟄虫啓戸(すごもりのむし とをひらく)」以来

 ずーっと外に出ていた虫達が冬籠りに入るようである

続きを読む »

2013年9月23日 (月)

七十二候を感じる その27(秋分ー初候)

本日(9月23日)から、

 「雷乃収声(かみなり すなわちこえをおさむ)」

 雷が鳴らなくなる時節らしい

Photo 春分の末候(今年は3月30日でした)の

 「雷乃発声(かみなり すなわちこえをはっす)」以来

 夏の間 ずーと鳴り響いていた雷が

  鳴りを潜めるんだそうです

続きを読む »

2013年9月18日 (水)

七十二候を感じる その26(白露ー末候)

昨日(9月17日)は、

 「玄鳥去(つばめ さる)」

 春にやって来た燕が、

  (清明ー初候「玄鳥至(つばめ いたる)」

   今年は4月5日でした)

  南へ帰っていく時節

Photo

続きを読む »

2013年9月16日 (月)

佐賀県のマンホール蓋フォローアップ探索⑥

下水道未整備の大町役場を撮り、

Photo 厳木町の山中を探索中に、レトロなバスと遭遇

Photo_2

続きを読む »

佐賀県のマンホール蓋フォローアップ探索⑤

太良町で漁集蓋の写真を撮り、

 夕刻が迫るも、

 日暮れには、まだ多少の時間がありそうだったので、

 長崎県に越境してみた

Photo_11 ここ小長井町のバス停

Photo_12

続きを読む »

2013年9月15日 (日)

佐賀県のマンホール蓋フォローアップ探索④

唐津市北波多町で新規蓋を撮り、

伊万里市浄化センターで展示蓋を撮影

2_4 敷地内の芝生では、

 お年寄り達がグランドゴルフに夢中中

続きを読む »

佐賀県のマンホール蓋フォローアップ探索③

朝の散策

道の駅の敷地内の「佐用姫(さよひめ)像」

2_3 時間とともに回転しているかも・・・

続きを読む »

佐賀県のマンホール蓋フォローアップ探索②

脊振山中を6地区探索するも同じ絵柄(がっかり・・・)

旧三瀬村に立ち寄り、その後

小城市の3つの浄化センターを訪ねる

2_2 (門扉は施錠されていたので柵外からパチリ)

屋外展示であり、下部はボロボロ

実は小城市役所から、

 カラー蓋の展示ありの連絡を受けていたのであるが・・・

続きを読む »

佐賀県のマンホール蓋フォローアップ探索①

7月末の探索での抜け漏れを拾うべく、

 9月12日九州道を鳥栖ICで降り

Photo

基山役場にて展示蓋を撮る 

続きを読む »

2013年9月12日 (木)

七十二候を感じる その25(白露ー次候)

本日(9月12日)は、

 「鶺鴒鳴(せきれい なく)」

鶺鴒が鳴く時節

黒と白の小鳥で、尾が長く

 上下に振る動きが特徴 

A1_2

 

 

続きを読む »

2013年9月 8日 (日)

宮崎県のマンホール蓋 フォローアップ探索③

「道の駅なんごう」のトイレ横に

 目指す蓋があるのである

日南市役所で調べて頂いて、その所在が判った蓋で

 道の駅なんごうの運営会社に問い合わせすると

 この蓋は「宮崎県」の管理物とのこと

 A2

 (やしの木とハイビスカス

  背景は海や空に浮かぶ雲のカラー蓋)

続きを読む »

宮崎県のマンホール蓋 フォローアップ探索②

島浦島 面積3Km2弱の島で、

 国交省主催の「島の宝100景」の1つ

浦城港から、行きは、フェリー(¥400車無し)で20分、

 島の漁港(フェリー船着場)でいわしの水揚げを見て、

 とぼとぼと約700M程歩いて島の中心街へ移動

 Photo_3

続きを読む »

宮崎県のマンホール蓋 フォローアップ探索①

7月16日からの探索で見落としていた蓋を探す

と言っても、各市町村に問い合わせしていて

 敷設場所は判っていたので楽ではあったのであるが・・・

 2

走行距離=830Km

続きを読む »

七十二候を感じる その24(白露ー初候)

辛うじて 本日(9月7日)は、

 「草露白(くさのつゆ しろし)」

 草の露が白く光って見える時節ということ

朝の光にきらきら輝く露の美しさを例えて

 「露華」「露珠(ろじゅ)」「玉露(ぎょくろ)」等の言葉がある

「月の雫」=夜間に月がこぼした涙か・・・

 はたまた、月の神が持っているとされる

  若返りの水「変若水(おちみず)」か・・・

続きを読む »

2013年9月 3日 (火)

七十二候を感じる その23(処暑ー末候)

昨日(9月02日)は

 「禾乃登(こくもの すなわちみのる)」

 いよいよ 稲が実る時節です。

「禾(のぎ)」は、実った稲を形どった象形文字らしい

「登」には、実るという意味がある

 A2

続きを読む »