フォトアルバム

今・NOW・なう

« 七十二候を感じる その35(霜降ー末候) | メイン | 再び佐賀県のプチマンホール蓋探索① »

2013年11月 7日 (木)

七十二候を感じる その36(立冬ー初候)

本日(11月07日)から

 「山茶始開(つばき はじめてさく)」

 「山茶花(さざんか)の花が咲き始める時節

Photo
 (宮崎県川南町のマンホール蓋)

昔から 「椿」と「山茶花」は混同されやすい

 もともと「山茶」「山茶花」は、椿のことらしい 

C 
 (熊本県熊本市のマンホール蓋)

 椿は花ごとぽたりと落ちるが

  山茶花は花びらが1枚づつ散っていく

さて本日から いよいよ冬です(立冬)

 鍋物が美味しい季節ですハイ 

<季節の風物詩>

・石蕗(ツワブキ) 

Photo_2
 (鹿児島県南さつま市のマンホール蓋)

・牡蠣(かき)

 縄文時代の遺跡からも出土する牡蠣

Photo_3
 (広島県廿日市市のマンホール蓋)

 いよいよ 各地の牡蠣小屋が開店し始めますね・・・

 英語で「R」がつかない5月~8月は、繁殖期で

  この時期は食べるなと言われる

・柳葉魚(ししゃも)

 「ししゃも」は、アイヌ語の「柳」と「葉」が変化した言葉らしい

 アイヌ伝説によると、

  神が散りゆく柳の葉を憐れんで、魚にしたんだと・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/31940543

七十二候を感じる その36(立冬ー初候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿