フォトアルバム

今・NOW・なう

« 七十二候を感じる その44(大雪ー末候) | メイン | 七十二候を感じる その46(冬至ー次候) »

2013年12月22日 (日)

七十二候を感じる その45(冬至ー初候)

本日(12月22日)から

 「乃東生(なつかれくさ しょうず)」

 「夏枯草(なつかれくさ)」とも呼ばれる

  「靭草(うつぼぐさ)」が芽を出し始める時節

Photo 

「夏至」(今年は、6月21日でした)の初候

 「乃東枯(なつかれくさ かれる)」に対応

冬に出す芽を「冬萌え」というのだそうなウムム・・・

さて「冬至」とは、

 1年で一番昼の長さが短い日です

 「夏至」に比べて昼の長さが5時間も短いんです

 太陽の高さも最も低いのですから

  影の長さは最も長くなります

 でもこの日から、夏至に向かって、日脚が伸びていくのです

 陰陽説では、一陽来復(いちようらいふく)」と言います

とは言っても、寒さが厳しくなるのは、これからです

因みに「冬」の語源は、

 「冷ゆ(ひゆ)」が変化したものらしい・・・

<季節の風物詩>

・柚子(ゆず)

 香りと他の食材の味を引き立てる柚子は、

  ユネスコ無形文化遺産になった和食には、

  欠かせない存在です

 柚子湯に入ると万病を防ぐと言われています

・南瓜(かぼちゃ)

 「カンボジア」が変化して「かぼちゃ」になったとか・・・

 栄養価が高く、肌や粘膜を丈夫にし、

  抵抗力をつけて、風邪をひきにくくするそうです

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32013057

七十二候を感じる その45(冬至ー初候)を参照しているブログ:

コメント

ツーさんへ
煩わしいスパムコメントの削除作業が無くなってなによりでしたdelicious
ブログアップが更に楽しくなりますね!

先日はアドバイスありがとうございました。
早速新規カルテを作成して問い合わせてみました。
対策として,キャプチャ画像の表示設定をして,しばらく様子をみてくださいとのことでした。
設定後,スパムコメントがなくなったようです。
お陰様で助かりました。ありがとうございました。

コメントを投稿