フォトアルバム

今・NOW・なう

« 七十二候を感じる その48(小寒ー初候) | メイン | 七十二候を感じる その50(小寒ー末候) »

2014年1月 9日 (木)

七十二候を感じる その49(小寒ー次候)

新年(1月10日)から

 「水泉動(しみず あたたかさをふくむ)」

 水泉(すいせん)は湧き出る泉の事

 いわゆる「地下水」は

  通年で温度変化が少なく

  外気温が下がる冬は、地下水は暖かく感じるのです

<季節の風物詩>

日向ぼっこ(ひなたぼっこ)

  暖かい陽だまりで、 

  ほっこりとぬくもる時間は、

  心まで満ち足りていくようです。

鏡開き

  丸いお餅を鏡に見立ててお供えした「鏡餅」

   このお餅を食べる儀式が「鏡開き」

  「開き」とは「割り」の忌み言葉

   縁起が悪いので言い換えたんですね!

お正月気分もここまで

 さて今年は どんな楽しい事 嬉しい事があるのか

  ワクワクしますね

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32039013

七十二候を感じる その49(小寒ー次候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿