フォトアルバム

今・NOW・なう

« 福岡県のマンホール蓋 | メイン | 春はすぐそこに・・・ »

2014年2月 4日 (火)

七十二候を感じる その54(立春-初候)

本日(2月4日)から

 「東風解凍(はるかぜ こおりをとく)」

 東から吹いてくる風が、

  厚い氷を解かしていく時節

 「凍」は厚い氷を表す

 「東風」は春風のことで

  地方によっては、

  朝東風(あさごち)、夕東風、雨東風、

  梅東風、桜東風、雲雀東風、鰆東風等々

二十四節気は「立春」から始まる

 旧暦では、立春に近い新月を

  1月1日とし1年のスタートとしました

  「新春」「初春」などはその名残

「光の春」:太陽の明るさで春を感じる

「音の春」:雪解けの音、川のせせらぎ、

 鳥のさえずり・・・

 心はもう春なのですね

<季節の風物詩>

・梅(別名=春告草、風待草)

Photo 
・春一番

 立春から春分までの間で吹く強い南風

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32081051

七十二候を感じる その54(立春-初候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿