フォトアルバム

今・NOW・なう

« 七十二候を感じる その57(雨水-初候) | メイン | 七十二候を感じる その59(雨水-末候) »

2014年2月24日 (月)

七十二候を感じる その58(雨水-次候)

本日(2月24日)から

 「霞始靆(かすみ はじめてたなびく)」

 霞がたなびき始める時期

 「霞」とは、文学表現であり気象学的定義はないんだと・・・

  春の季語

花信風(かしんふう)=杏

1 

<季節の風物詩>

・雲雀(ひばり) 

野鳥辞典/鳥の動画/雲雀(ヒバリ)の鳴き声
YouTube: 野鳥辞典/鳥の動画/雲雀(ヒバリ)の鳴き声

 雑学:「楽天」は雲雀の異名

・朧月(おぼろづき)

 「霞」は夜には使わず「朧(おぼろ)」と言います

・沈丁花(じんちょうげ)

Photo
 貴重な香木「沈香」と「丁子」が名前の由来

 どこからか漂ってくる甘い香りで

  春を実感するのでは・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32114353

七十二候を感じる その58(雨水-次候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿