フォトアルバム

今・NOW・なう

« 熊本県食品表示ウォッチャー | メイン | 七十二候を感じる その65(春分-末候) »

2014年3月27日 (木)

七十二候を感じる その64(春分-次候)

3月26日から 

「桜始開(さくら はじめてひらく)」

 いよいよ 桜が咲き始める時期

Sakura11

 異名を「夢見草(ゆめみぐさ)」

この時期の天気は、

 「花冷え」 「花曇」「桜雨」「花風」・・・

散りゆく桜を愛(め)でると、

 「花吹雪」「桜颪(さくらあらし)」「飛花(ひか)」

水面に落ちて流れいく桜は、「花筏(はないかだ)」

地面に落ちて、一面の花弁を「花筵(はなむしろ)」

花信風(かしんふう)=梨

Nasi0099
<季節の風物詩>

・桜鯛

  春の「真鯛」を指す場合が多い

  因みに、秋は「紅葉鯛」、冬は「寒鯛」

・柳

  自然のままであること

  或は 春の美しい景色を形容して

  「柳は緑、花は紅」と言う

・片栗(かたくり)  

Kataku99
 古名「堅香子(かたかご)」が「かたこゆり」

  さらに「片栗」と変化らしい・・・

 因みに、現在の「片栗粉」は、

  じゃがいもの澱粉なんだとウムムッ!

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32170883

七十二候を感じる その64(春分-次候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿