フォトアルバム

今・NOW・なう

« 七十二候を感じる その58(雨水-次候) | メイン | 七十二候を感じる その60(啓蟄-初候) »

2014年3月 5日 (水)

七十二候を感じる その59(雨水-末候)

ちょっと遅れましたが、3月1日から

 「草木萌動(そうもく めばえいずる)」

 草木が芽を吹き始める時節

いよいよ春めいてきます

 「草萌え」「下萌え」=絵草の芽が萌え出てくること

こんな時期の晴天=「木の芽晴れ」

 雨なら「木の芽雨」

 冷え込んだら「木の芽冷え」

 風が吹いたら「木の芽風」・・・

花信風(かしんふう)=李(すもも) 

Photo

 ・3月29日の誕生花

 ・花言葉は「忠実、貞節、独立」

<季節の風物詩>

・蛤(はまぐり)

  二枚貝の貝殻は、その一組だけしか

   ぴたりとかみ合わないのだそうです

  それで 貝類の王「蛤」は、夫婦和合の象徴となる

・雛祭り

  本来は、上巳(じょうし)の節句という

  曲水の宴、流し雛、雛人形・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32129497

七十二候を感じる その59(雨水-末候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿