フォトアルバム

今・NOW・なう

« 「ダムカード」なるものを初ゲットす | メイン | 七十二候を感じる その69(穀雨-初候) »

2014年4月18日 (金)

七十二候を感じる その68(清明-末候)

ちょっと遅れましたが、4月15日から

 「虹始見(にじ はじめてあらわる)」

 虹が初めて出る時期

Photo
その年 初めて見る虹を「初虹」

空気中の水滴がプリズムの役割で出来る虹

 水滴が大きい程 虹の色が鮮やかになるんです

花信風=柳

 (花信風って何だったけ?って方はここをクリック)

 世界に約350種もあり、主に北半球に分布

Photo_2
<季節の風物詩>

春の夫婦星

  牛飼い座のアルクトゥルスのことで

   小麦色の星で、働き者の男性像の「麦星」と

  乙女座のスピカのことで、白く清らかな光を放つ

   美しい女性をイメージする「真珠星」のこと

・満天星(どうだんつつじ)  

Photo_3
 「灯台躑躅」とも書く

 満天の星とは なんとすばらしい名付けか・・・

・白詰草(しろつめくさ)

Photo_4
 そうです「クローバー」の事

 子供の頃 探しましたね 四葉のクローバー

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32207051

七十二候を感じる その68(清明-末候)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿