フォトアルバム

今・NOW・なう

« 長崎県のマンホール蓋探し旅 4日目(その①) | メイン | 長崎県のマンホール蓋探し旅 4日目(その③) »

2014年6月 7日 (土)

長崎県のマンホール蓋探し旅 4日目(その②)

諫早市多良見町の蓋

A1_2
 (大村湾の波と果実ミカン)

長与町の蓋

A12
 (町木と花の梅)

長与浄化センターにも

Photo_4
カラー蓋展示

A1cc1 
時津町の2種類の蓋

A1c_2

A2
 (共に、鯖くさらし岩+他)

その鯖くさらし岩

Photo_5

以下は、時津町HPより

 「継石坊主(つぎいしぼうず)」

 今にも落ちそうで落ちないこのふしぎな石には、

 「鯖を売る魚屋が、きっと落ちるに違いないから

 落ちるまで待とうと、終日立ちつくし、

 とうとう魚が腐ってしまった」という逸話があり、

 「さばくさらかし岩」ともよばれる

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/32285393

長崎県のマンホール蓋探し旅 4日目(その②)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿