フォトアルバム

今・NOW・なう

« 家電製品が次々に故障 | メイン | 長崎県離島の蓋 ファイナル その2 »

2015年9月13日 (日)

長崎県離島の蓋 ファイナル その1

8日

 夕刻前 台風18号の動向を窺いながらの出発

ニュースでは、各地の船の欠航が流れているが、

 翌朝 佐世保港発の離島行きに乗る為に

 取り敢えず 道の駅「彼杵の荘」まで移動し、車中泊

9日

 港ターミナル傍の欄干

Photo

1日600円の駐車場に入庫

発券窓口では、高速船の欠航が表示されているが、

フェリーは、時刻通り出るとのこと

12
佐世保港は、軍港なんだと再認識す

2_23
湾を出ると 海上の波は、段々高くなり

Cimg7340
 外洋は、船員さんの話では、4メート程だという

まっすぐ立っておれないし、船酔い寸前で

 外洋の荒波の写真を撮れる状態には有らず・・・

 こんなに揺れている中、 

 わたしの横に乗っている仕事風の男性は、

 美味しそうに弁当を食べていた

  すごい!!と感心す。

 なんと この方とは 同宿となったのである

2時間半後 やっとの思いで 

 今回最初の島「宇久島」に上陸

 船を降りても、身体は揺れているし、

 吐き気は治まらないし・・・

更に 次の島「小値賀島」行きの船は欠航とな トホホツ!

取り敢えず、ターミナル内の観光協会で

宿泊先(旅館)を確保し、

 (後で聞いた話だが、宿探しの折に話をした会長さんは、

 民宿をされているんだと・・・(失礼しました)

 御当地ナンバーを付けたレンタルバイクを借り、

2_31_2

 強風の中 ハンドルを取られながらも、

牛の放牧も、観光客もいない「対馬瀬灯台」を訪ね、

Photo_3

対馬瀬には、荒波が押し寄せています

1_32_4

天然記念物「ソテツ巨樹」

Cimg7347Cimg7348
 神功皇后の朝鮮出兵時の島の娘伝説だと・・・

宇久牛も・・・(今日は放牧していないとのこと)

Photo_4
じゃーん! さてさて これが本命の島の蓋です

Cimg7346
対馬瀬灯台、宇久牛、

 旧宇久町の木「黒松」、町の花「ヤマツツジ」

レンタルバイクを返却後、平地区を散策

神島神社

Photo_6祭神は、

初代天皇「神武天皇」の父尊

「建鵜葦草葦不合命」とある

 

海士の歴史と捕鯨文化の里「浜方ふれあい館

Cimg7351
館長さん?に説明をして頂きました

 ありがたいことです

 アワビ取り名人の記録があり、

 昭和3年から昭和47年までの間で

 一人で 57トンもの水揚げをしたんだと・・・

 因みに 第2位は27トンとある

宿に入り、

 両足が痛いと思ったら、何と肉刺(まめ)が・・・

 情けないトホホツ!

夕食を取りながら、

 旅館の御主人や同宿の方との会話がはずむ

 海上自衛隊の掃海艇の1艇に

  「うくしま」の名前が付いているんだとか・・・

 佐世保出港時 右側は米軍基地

  左側が海自基地だとか・・・等々 

飲酒もあり、ホットして 就寝

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/33570821

長崎県離島の蓋 ファイナル その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿