フォトアルバム

今・NOW・なう

« 四国の旅(2016年版) 7日目(その3) | メイン | 四国の旅(2016年版) 8日目 »

2016年5月23日 (月)

注意「Windows10」への勝手なアップグレード

マイクロソフト社は、Windows7 または Windows8.1 を利用のユーザーに対して、Windows10へのアップグレード更新プログラムを2016年5月から自動的に開始されるようにした。

結果として

「意図せずアップグレードされてしまった」
「アップグレードする予定が設定されてしまった」

等々の問題が発生中

 小生も勝手にアップグレードされた。

そもそも Windows10は、

 ちょこちょこ問題発生の記事や情報もでているし、

「Windows10へのアップグレードにあたっては、

 使用中のパソコン等の機器が

 Windows10アップグレードサポート対象機器かどうか、

 必ず事前に、各パソコンメーカーへ確認し、

 準備をおこなってからアップグレードを行うべきである。」

 のは常識レベル

従って サポート対象ではない場合、

 勝手にアップグレードされたら

「元のWindows7 またはWindows8.1の

 バージョンに戻したい」となる

 (小生の場合も、サポート対象機種ではなかったので

  元に戻したし、

  無駄な時間を使わされたので

  損害賠償請求をしたいくらいだ・・・)

事実 今年初めにMS社に問い合わせした折にも

 その担当者は

 「未確認機種へはお勧めしません」と言っていた

因みに 何故こんなサイバーテロ同然のことが

  許されるのであろうか?

 意図的に悪さを仕込んだプログラムだとしても

  防御しようがない

アップグレードをするかしないかは

 ユーザーの承諾有無が最低ルールのはずだし、

 サポート対象機種のみに適用すべきだと思うが・・・

MS社は公式見解を発表すべきである

もっと言うと

「Windows10の無償アップグレード期間は

 2016年7月29日まで」

 これはもう脅迫だろう

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/33833977

注意「Windows10」への勝手なアップグレードを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿