フォトアルバム

今・NOW・なう

« 郷土史での先祖探し(その2) | メイン | 昭和38年以前の敷設マンホール蓋 »

2016年7月18日 (月)

郷土史での先祖探し(その3)

④○○○家の歴史

Photo

 全370頁 平成17年12月発行

1623年(寛永年間)から

 穂波郡の大庄屋(触)だったとある

<名字の由来>

「伊岐須村の高宮八幡宮(宇佐神宮の勧請)の

 信者 高岐何某(五十枝?)が

 豊臣秀吉が九州平定(1587年)の時

 笠木城落城(廃城)後に

 鞍手郡○○○谷(地名)に移住し

 ○○○氏を名乗る」とあるが

 地名の由来や改名理由は記されていないので

  信憑性は疑問

<家系図>

添付されている家系図(本家・分家)に

 関わりは発見できず

 稲築町史誌に出てくる

  ○○○善次とその父善内の名も見当たらず

結局 先祖探しは不発に終わるトホホッ・・・

インターネットで検索していたら

 鹿児島県奄美市の加計呂痲島に

 ○○○という地名があるようであり、 

 同市役所に地名の由来を尋ねてはいるが・・・

さて 本来は7月13日の

 飯塚山笠の「流れがき」を見物するつもりでいたが

 大雨豪雨で 九州道が通行止めだったので

 1日遅れの飯塚訪問となり、「流れがき」は見れず

図書館内の展示山笠

Cimg9476

表に出ると 子ども達の「ながれ」・・・

Cimg9477

駐車場内から見下ろすと

Cimg9479

すぐ傍の嘉穂劇場

Cimg9480

遅い昼食

Cimg9481

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/33886145

郷土史での先祖探し(その3)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

好奇心のコレクション