フォトアルバム

今・NOW・なう


  • ジオターゲティング
  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

« 昭和38年以前の敷設マンホール蓋 | メイン | 神戸市 東水環境センターを訪ねる »

2016年8月 4日 (木)

夜行高速バスに乗る(行き)

我が人生の初体験

神戸市に行くのに、往復で乗ってみた。

初めに それぞれの費用(料金)を調べたら、

 (自家用車 VS 飛行機 VS JR VS 夜行高速バス)

 夜行高速バスが圧倒的に安いのである。

 (年金生活者は安いのが一番=時間はたっぷりあるし)

しかも 寝ている間に目的地に着けるのが良さそう・・・

19:30 熊本発

Cimg9507_2

車内(3列仕様(左右はゆとり有り))

Cimg9509

 写真右後方にはトイレも付いています

 試しに使ってみたが、飛行機内のトイレより狭い

早めに予約した為か

 最前列の中央の席(前方視界良好)

Cimg9510

 (途中から カーテンで視界を塞がれたが・・・)

各座席には100Vのコンセントも付いていたが

 足部分は非常に狭い

Cimg9511_2

 飛行機のエコノミークラスより狭い

 長身の小生には 非常に辛い

こんな具合の片道11時間、

 勿論BGMも無く 

 この長い苦行の時間は、

 過去の色んな思い出や

 今後をじっくり考えることが出来ました。

  (半分は寝ていましたが・・・)

途中 久留米駅 & 博多駅 & 小倉駅にて

 乗客を乗せるも 総勢10人の乗客。

 こんなんで 経営は大丈夫か?と

 至らぬ心配をしてみたりして・・・

小倉駅を出てからは 車内消灯である。

山陽道「宮島SA」&「?SA」にて15分程の休憩

 外に出て 背伸びなどをする。

 「?SA」では寝たままでした。

最近 「自動車道の路面が荒れている」とつくづく思うのは

 小生だけかな?(安眠妨害レベルに達している・・・)

乗務員(運転手)2人で2時間程での交代運転

 バスの床下に仮眠場所があるんだそうな・・・

どこのバス停や休憩所でも

 運行時刻通りに走った運転手さん 流石にプロですね。

翌朝6:50 神戸三ノ宮駅傍に無事到着

 バスは その後 大阪 & 京都に向かって行ったんです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/33901007

夜行高速バスに乗る(行き)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿