フォトアルバム

今・NOW・なう

« 南九州のプチ旅(その①) | メイン | 南九州のプチ旅(その③) »

2017年3月26日 (日)

南九州のプチ旅(その②)

道の駅「きんぽう木花館」の名前の由来

 構内の案内板

Cimg6548

Cimg6547Cimg6546

ということで

 そのニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが住んだとされる

 「笠狭宮跡」(日本発祥の地!?)を訪ねる

Cimg6549

Cimg6550

Cimg6551Cimg6552

碑の裏側

Cimg6553

 紀元2601年(西暦1941年)に建立したとある

更に南下し、

 ニニギノミコトが高千穂の峰に

 天孫降臨(天照大神の孫(ニニギ)が高天原から地上に降りた)

 した後 船にて鹿児島を海上迂回して 

 上陸したとされる「黒瀬港」へ 

Cimg6554

まったく目立たない場所にひっそりと碑が・・・

 (’13-9-28の訪問時は見つけられなかったんです)

Cimg6555

Cimg6556

 この後に コノハナサクヤ姫と出会いうんですね・・・

すぐ傍に建つ「杜氏の里 焼酎づくり伝承展示館

Cimg6559

Cimg6560

Cimg6562

Cimg6561

Cimg6564Cimg6563

Cimg6565

Cimg6566

Cimg6567Cimg6570

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/34050595

南九州のプチ旅(その②)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

好奇心のコレクション