フォトアルバム

今・NOW・なう

« 消防カード資料を・・・ | メイン | 頼 山陽の詩碑 »

2017年5月27日 (土)

ウェルネス チェック「筋肉量の測定」

高精度筋量計「フィジオン」を使っての筋量測定と

 握力等の体力測定をして見た

そもそも ウェルネスとは?

 「生活科学として、運動を適宜日常生活に取り入れながら、

  健康的に日々の暮らしを送ろうと言う主旨で提唱された概念」だそうな・・・

フィジオンとは?

 「MRI法を評価基準として開発された

  生体電気インピーダンス法(BIA)による高精度の筋量計」だそうな・・・

Physionmd_00

四肢筋量と左右バランス、

 体脂肪率や基礎代謝量等の生体組成情報を測定

今回は 身長・体重が実測値ではなく、

 自己申告だったので 

 身長比や体重比での分析結果には

  (BMI・体脂肪率・基礎代謝量・WBIetc)

  少々疑問?が残りますが・・・

<フィジオン測定結果>

11

 日常生活レベル(WBI:体重支持指数)

   左:1.055 右:1.091   

  判定=一般生活(0.6~0.8)より高い=スポーツ活動レベル

 四肢・体幹筋肉量

  身長あたり筋肉量基準値=身長(cm) ×筋肉率(%)÷ 100

  ・上腕(=腕の肩とひじの間の部分)

    左:0.91 右:0.89 バランス:102.2   

    判定=標準範囲(0.76~0.90)内

  ・前腕(=腕のひじから手首までの部分)

    左:0.69 右:0.72 バランス:95.8

    判定:標準範囲(0.64~0.81)内だが低目

  ・大腿(=脚の付け根から膝までの部分)

    左:5.84 右:6.04 バランス:96.7

    判定:標準範囲(4.17~5.16)より高い

  ・下腿(=ひざから足首までの部分) 

    左:1.95 右:2.17 バランス:89.9

    判定:標準範囲(1.77~2.42)内だが低目

  ・体幹(=身体から頭部と四肢を除く胴体の中心部全体)

    左:8.95 右:8.54 バランス:104.8

    判定:標準範囲(6.54~8.25)より高い

<体力測定>

 ・握力 左:47.2 右:49.4

    判定:年齢相応での高い方

 ・静的バランス(開眼片足立ち)

    左:60sec 右:60sec

    (測定は60secまで)

    判定:年齢相応での高い方

 ・動作のすばやさ・反応(TUG:Timed Up and Go)

  (歩行能力や動的バランス,敏捷性などを総合した

   機能的移動能力を評価するテスト)

    5.22sec

    判定:年齢相応(65~69歳 5.03~5.86sec)

 ・歩行能力(5m歩行)

    通常:3.75sec 最大:2.32sec

    未判定!!!

総括での年齢は 66歳そのものなんだそうでした

 筋肉トレーニング内容を見直して

 弱い(=衰えている)部分の強化をして

 ロコモティブシンドロームにならない様にし

 平均寿命と健康寿命の差を縮めたいものです

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/34062805

ウェルネス チェック「筋肉量の測定」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿