フォトアルバム

今・NOW・なう

« 高齢者大学(第4回)その② | メイン | 高齢者大学(第4回)エピローグ »

2017年11月27日 (月)

高齢者大学(第4回)その③

路地を入っていくと

樹齢400年の大きな銀杏の木がある「極楽寺

 阿蘇神社を守る7カ寺の一寺(現存はここのみらしい)

Cimg9325

お寺の前の道路に「へこみ」が・・・

 なんと地震で梵鐘(1.5トン)が落ちた跡だそうな!

Cimg9327

Cimg9326

桜花の花弁が地面一杯に落ちているのを

 「花筵(はなむしろ)」と言うが

 銀杏の落ち葉の場合が何というのかな~

 銀杏の葉が黄色く色付いたのは

 「銀杏黄葉(いちょうもみじ)」というのだが・・・

Cimg9328

Cimg9331

お寺では ご多忙な中 「お接待」を受け(ごちそうさまでした)

Cimg9330

お坊さんの説明も受ける

熊本地震で大きな被災をしたのは

 「阿蘇神社」と「極楽寺」だけなんだそうで

 地元の方々は そのお蔭で他は大したこと無かったと

 言っているそうです!

被災した本堂も修復中

Cimg9329

以降 ガイドさんの説明を聞きながら

 ぞろぞろぞろと歩く 歩く 歩く・・・

Cimg9332

Cimg9333

Cimg9334

Cimg9335

Cimg9336

Cimg9340

途中の守り地蔵?道祖神?

Cimg9337

ガマの穂がはじけ始めています

Cimg9338

途中の石に刻んだ「道しるべ」

 この地は「阿その三や」(阿蘇の宮)

 右に行くと「ぼうぢう」(坊中)

 左は「阿そさん」(阿蘇山)

2

「二百十日」の小説の中の状況設定では

 「行先は中岳の火口、時刻は正午、雨が降りそうな天気」なんです

ガイドさん「さて あなたならどっちに行きますか?」だって・・・

更に ぞろぞろ歩く

Cimg9342

Cimg9343

この先 まだまだ続くんですが

 本日のツアーはここまでで終了(たったの1Km程)

 ガイドさん ありがとうございました

バスは最後に 道の駅「あそ望の里くきの」に立ち寄る

 (高齢者対応!トイレ休憩ですハイ) 

Cimg9344

西側から 阿蘇を望む・・・

そして 無事 帰着

 楽しい1日でした

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526683/34094727

高齢者大学(第4回)その③を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

好奇心のコレクション