フォトアルバム

今・NOW・なう

おでかけ Feed

2018年4月 5日 (木)

あさぎり町旧免田町のカラー蓋

九州道を南下し 人吉ICで降りて

 フルーティーロードを走って

 あさぎり町役場傍

Cimg0129

帰り道の球磨川に掛かる橋の欄干

Cimg0130

Cimg0131

 球磨地方に伝わる「臼太鼓踊り」を描いているんです。

ふっと横を見ると 芝桜が・・・

Cimg0132

更に進むと こんな欄干もありました

Cimg0133

Cimg0134

電柱にも「臼太鼓踊り」(逆光で見え辛いですが・・・)

Cimg0135

今回も 無事故 無違反(?)で、

 往復4時間弱のドライブでした

2018年3月12日 (月)

高森殿の杉を訪ねる

熊本県高森町の山の中腹の杉林内に

 その杉はニョキにょきニョロにょろと・・・

国道265号線の入口から入って

Cimg0122

入口傍の駐車場に止めて

Cimg0121

こんな入口から

Cimg0120

野焼きだ済んだ牧草地内のこんな急な坂道をてくてくと登ると

Cimg0119

道が途切れた

Cimg0118

左側に

Cimg0101

そこをわずかに降ると

Cimg0104

色んな角度から撮る録る 気も摂る

Cimg0102

Cimg0105

Cimg0107

Cimg0112

名前の由来は、

 天正14年(西暦1586年)の高森城主(殿)の

 自刃に依るんだと・・・

Cimg0113

幹元には、石碑もあるが風化して読めません

Cimg0115

横にも伸びています

Cimg0116

帰りに阿蘇山を望む

Cimg0117

遅いランチを取った隣には

 巨大なオートバイモニュメント

Cimg0123

2018年2月22日 (木)

熊本駅全線高架開業記念レールウォーク(おまけ編)

ゴールの新幹線口から在来線へ抜ける地下道で・・・

Cimg0083

Cimg0084

Cimg0085

Cimg0086

Cimg0087

Cimg0088

在来線口の外の歩道橋には・・・

Cimg0089

5分程待っていたのですが

 この外国人二人はここから離れないんです

最後に みどりの窓口を訪ねて

 目指せ、泉人

「九州八十八湯めぐり」 九州温泉道

Cimg0095

 専用の「御湯印帳」¥100を購入

Cimg0096

 次からの旅の目的も見えてきたかな?

さて 家を出てから帰りつくまでのわずか3時間強を

 5回(日)に渡ってブログネタに使い回すって

 これまた よくやるよねぇ~ そだねぇ~

2018年2月21日 (水)

熊本駅全線高架開業記念レールウォーク④

熊本駅近くの洒落た交番

Cimg0079

町中の喫煙所

Cimg0080

 歩きたばこが禁止されているのでしょうかね?

 昔なら 私も飛び込んでいたのでしょうが・・・

熊本駅新幹線口のゴール受付

Cimg0082

スタート時は大混雑していたのですが・・・

Cimg0081

帰りの豊肥線車中で撮ったんです

Cimg0090

Cimg0091

Cimg0092

Cimg0093

完歩のスタンプカード

Cimg0094

他のウォーキングコースにも参加せよってことですねウムムッ・・・

2018年2月20日 (火)

熊本駅全線高架開業記念レールウォーク③

高架部分(約1Km)を降りてくると

Cimg0063

 JRのきれいなおねえさん達が記念品を売っていました

Cimg0062

つい釣られて!?フラフラと・・・ ¥100コーヒーと

 ¥200の缶バッジを購入 ニット帽に・・・

Cimg0073

夕方のローカルニュースによると

 5000人が参加したんだそうです

 ヘルメットの回収も大変です

Cimg0064

近くを歩いていたじぃじと孫の会話その1

 5歳くらい?の孫「これから何して遊ぶ?」

 じぃじ「「かくれんぼはどうだ?」

 孫「ここでかくれんぼしたら迷子になる」

 じぃじ「そうだな ここでは止そう」

高架部分のレールの切れ目

Cimg0066

手前の在来線と上の高架線をつなぐレールも

 用意されていました

案内や警備には

 JR職員や警備会社の警備員だけではなく

 熊本県職員(熊本県熊本駅周辺整備事務所)や

 JR九州OB会の方も駆り出されていました

Cimg0067

ゴールの熊本駅までの1Kmの戻り道には・・・

Cimg0068

踏切も3回横断

Cimg0065

Cimg0069

Cimg0070_2

Cimg0072

駐車場の表示

Cimg0074

2輪駐車場のご当地ナンバー

Photo

じぃじと孫の会話その2

 孫の歩みがちょっと遅れ始めた

 じぃじ「お~い 遅れているぞ」

 孫「今充電中」

 じぃじ「あ~そう」

2018年2月19日 (月)

熊本駅全線高架開業記念レールウォーク②

「のるな」って言われるとのりたくなるんですが・・・

Cimg0046

切り替えポイント

Cimg0049

Cimg0050

Cimg0051

Cimg0052

歩く 歩く 歩くの図

Cimg0054

Cimg0055

こんな状態で3月17日全面切り替えって出来るのかなあ?

Cimg0057

Cimg0058

レールの繋ぎ目ってこうなてるんですね

Cimg0059

高架も終わりに近づいてくると

 砕石が大きくなっています

Cimg0060

2018年2月18日 (日)

熊本駅全線高架開業記念レールウォーク①

「今しか歩けない高架の上を体験」する為に

8時50分発の熊本駅行きに乗るつもりで

 5分前に最寄り駅に着いたが 

 駅員さん曰く「土日曜にはこの便がない」とトホホッ・・・

ひとけが無いプラットフォーム

Cimg0031

次の便までの暇つぶしの1枚

Cimg0030

次の便で28分後 熊本駅の新幹線口で受付し 

 ヘルメットを被って 早速進入開始

Cimg0032_2

Cimg0033_2

Cimg0034

Cimg0035

Cimg0036

Cimg0037

用途は解からないプレート数種

Cimg0038

Cimg0042

Cimg0043

昔 枕木って木製だったし、

 砕石ももう少し大きかったのですが・・・

Cimg0039

 勿論 レールの止め方も変わっています

「速度照査」ってどんな意味?

Cimg0041

列車の速度を計測し、

 その速度が許容された速度の範囲内であるか否かを

 照合することで ATS(自動列車停止装置)と連動するそうな・・・

今まで豊肥本線の発着ホームだった0A&0Bホームは

 無くなるんだそうなので上からパチリッ

Cimg0044

信号機もこれだけ有ると

 どれを見ればよいのかって思うのは私だけ?

Cimg0045

2018年2月 6日 (火)

2018年の豆まき

もう何年も通っている蓮華院誕生寺奥の院の豆まきですが

 初めての雪景色

 雪道をスリップしながら登ったんです

Cimg0013

雪中弓矢

Cimg0014

Cimg0016

例年は大梵鐘で行われる豆まき

 本堂内(五重塔一階)で行われました

Cimg0023

Cimg0020

Cimg0021

Cimg0022

今年も

 無病息災

 家内安全

 平穏無事

 を祈りながら・・・

2018年1月22日 (月)

宗次郎コンサート

こんな小じんまりとした座席500人程のホールでした

Cimg9474

Cimg9476_2

CDを買っちゃいました

Cimg9477

コンサート中は写真録画録音は禁止ですので

 開始前に商魂逞しい配布された物をパチリ・・・

Cimg9478

Cimg9479

Cimg9480

Cimg9482

Cimg9481

コンサート途中の宗次郎さんの話

「静かなオカリーナブームで始める人達へ・・・

 オカリーナの穴はたたくように抑える

 指はちゃんと離す がコツ

因みに 「小さながちょう」って意味」・・・

小生の座席は前から4列目

Cimg9483

演奏者(宗次郎さん)とほぼ同じ目線・・・

後方は

Photo

2時間の心洗われるコンサート終了後

 購入したCDにサインを頂く(握手も)の図

Cimg9486

Cimg9487

2018年1月20日 (土)

早くも春の準備

冬籠りの中

 恒例の「植木祭」が始まりました

Cimg9467

Cimg9468

Cimg9469_2

Cimg9470

食べ物通りも 墓石もあるんです

Cimg9471

Cimg9472

スーと伸びた一本(特別賞)

Cimg9463

Cimg9464

Cimg9465

Cimg9466

骨董市もあります

Cimg9473

2017年11月28日 (火)

高齢者大学(第4回)エピローグ

ツアー中に目を通せなかった

阿蘇ジオパークガイド協会のボランティアさんが作ってくれた

 資料をじっくりと読んでみた

実に丁寧に詳しく作られています

資料1(A4シート全5頁) 表紙

:本日のツアー時刻予定とコースMAP

Cimg9363

2ページ目:昭和10年の地図でのコースMAP

 (漱石が阿蘇来たのは 明治32年ですが・・・)

Cimg9364

3ページ目:漱石が 阿蘇で詠んだ歌集

 それぞれに簡易な解説があるんです

Cimg9365

4、5ページ目:漱石と阿蘇山の年表

Cimg9366

Cimg9367

資料2 表紙(大判の折りたたみ)

「吾輩はジオガイドである」が面白い

 漱石が歩いたと思われる道に近い想定ルート

Cimg9355

Cimg9356

全開(A3の2枚分)

Cimg9357

中央の地図は 上に「現在の地形図」が重ねてあり

 めくると 下には「明治時代の地形図」が載せてあります

Cimg9358

左右には

 「二百十日」の阿蘇山登山に関連した文章を抜粋

前夜(内牧温泉・山王閣)

Cimg9359

阿蘇神社スタート

Cimg9360

草原の中を迷いだす

Cimg9361

小高い草山を目指して

Cimg9362

この小説を読んでいない人でも

 よく解るように作られていると思います

ガイドさん達の御苦労と丁寧さに感謝々々です

こうして 小生のブログに載せることで

 そのお礼とします

2017年11月27日 (月)

高齢者大学(第4回)その③

路地を入っていくと

樹齢400年の大きな銀杏の木がある「極楽寺

 阿蘇神社を守る7カ寺の一寺(現存はここのみらしい)

Cimg9325

お寺の前の道路に「へこみ」が・・・

 なんと地震で梵鐘(1.5トン)が落ちた跡だそうな!

Cimg9327

Cimg9326

桜花の花弁が地面一杯に落ちているのを

 「花筵(はなむしろ)」と言うが

 銀杏の落ち葉の場合が何というのかな~

 銀杏の葉が黄色く色付いたのは

 「銀杏黄葉(いちょうもみじ)」というのだが・・・

Cimg9328

Cimg9331

お寺では ご多忙な中 「お接待」を受け(ごちそうさまでした)

Cimg9330

お坊さんの説明も受ける

熊本地震で大きな被災をしたのは

 「阿蘇神社」と「極楽寺」だけなんだそうで

 地元の方々は そのお蔭で他は大したこと無かったと

 言っているそうです!

被災した本堂も修復中

Cimg9329

以降 ガイドさんの説明を聞きながら

 ぞろぞろぞろと歩く 歩く 歩く・・・

Cimg9332

Cimg9333

Cimg9334

Cimg9335

Cimg9336

Cimg9340

途中の守り地蔵?道祖神?

Cimg9337

ガマの穂がはじけ始めています

Cimg9338

途中の石に刻んだ「道しるべ」

 この地は「阿その三や」(阿蘇の宮)

 右に行くと「ぼうぢう」(坊中)

 左は「阿そさん」(阿蘇山)

2

「二百十日」の小説の中の状況設定では

 「行先は中岳の火口、時刻は正午、雨が降りそうな天気」なんです

ガイドさん「さて あなたならどっちに行きますか?」だって・・・

更に ぞろぞろ歩く

Cimg9342

Cimg9343

この先 まだまだ続くんですが

 本日のツアーはここまでで終了(たったの1Km程)

 ガイドさん ありがとうございました

バスは最後に 道の駅「あそ望の里くきの」に立ち寄る

 (高齢者対応!トイレ休憩ですハイ) 

Cimg9344

西側から 阿蘇を望む・・・

そして 無事 帰着

 楽しい1日でした

2017年11月26日 (日)

高齢者大学(第4回)その②

ボランティアガイドさんから

 阿蘇神社の説明を受け

Cimg9318

Cimg9315

Cimg9316

地震で倒壊する前の楼門の写真や

Cimg9319

倒壊直後の拝殿の写真が 安全柵に掲示されていました

Cimg9320

熊本に在住し ニュース等では見聞きしていたが

 震災後 訪ねたのは 初めてである 

現状(拝殿が撤去整地されたので後方の神殿が見れるんだと・・・)

Cimg9321

左手の「一の神殿」には

 初代天皇「神武天皇」の孫神「健磐龍命(たけいわたつのみこと)」が

 祀られているそうな!

 この健磐龍命は 阿蘇盆地がカルデラ湖だった時に

 足で蹴っ飛ばして外輪山の一部を欠損させ

 湖水を流し出し田畑を作ったとの伝説神とな!

随分古そうな腕用ポンプ(消火用手押し水ポンプ)

Cimg9322

鳥居は 拝殿などに90度で建立されているんです

 (なので 参道も拝殿に90度で対峙してるんです)

 その理由は 「ご神体が阿蘇山」であることからであるそうな・・・

Photo

 (撮影小生の背後に阿蘇山があるんです)

ここから 「二百十日散策ウォーキング」

 第1回目の大学講座であった

 夏目漱石の小説「二百十日」で 

 登場人物二人が歩いたであろう道を辿ってみるってツアー

阿蘇ジオパークガイド協会のボランティアさん3名での案内でした

手作りの資料

Cimg9314

Cimg9317

Cimg9324

2017年11月25日 (土)

高齢者大学(第4回)その①

今回は 日帰りバスツアーでした

バスガイドさん付きの貸切バスって

何年ぶりかなあ~って振り返ってみても思い出せないくらい昔・・・

Cimg9303

参加者三十数名

Cimg9304

昨年の熊本地震で被災し、

 崩落通行止めの国道57号線を迂回し

 同じく被災し 1年半ぶりに 

 11月初めから再開した「阿蘇火山博物館」の見学

 (館内は何故か撮影禁止なんです・・・)

阿蘇火山の成り立ちや地形・地質、

 日本や世界の火山、中岳の火山活動、

 草原と人々の関わりや動植物等を勉強

Cimg9311

Cimg9309

Cimg9310

中岳や駐車場前の草千里の乗馬場

Cimg9307

Cimg9308

56年前 小学校の修学旅行先が阿蘇で

 友達と一緒に、この馬に乗った古い写真が

 アルバムに残っています。

隣のレストランでの昼食は、こんなメニューでした

Cimg9312

 勿論 食欲旺盛な私は、完食しましたが・・・

ちょっと腹ごなしに 丘を登ってパチリッ!

Cimg9313

その後 阿蘇山麓の「阿蘇神社」に向かう

2017年11月22日 (水)

2017年プチ旅 秋の陣 第3段(四国ふたたび編)⑭

46Km北方へ向かう途中の南あわじ市旧三原町の蓋

Cimg9190

  県道76号→ 神戸淡路鳴門道を走って

伊弉諾神宮」に参拝す

伊弉諾尊が、御子の天照大神に

 国家統治を委譲し、余生を過ごした宮とされる

 (ここも「古事記」で訪ねたかった所なんです)

Cimg9193_2

Cimg9194

Cimg9195

Cimg9196

Cimg9199

Cimg9200

洲本市旧一宮町の蓋

Cimg9197

以降 西海岸沿い(県道31号)を南下 蓋探し

Cimg9203

洲本市旧五色町の蓋

Cimg9205

Cimg9207

Cimg9208

道の駅「福良」が今夜のお宿

2017年11月 9日 (木)

2017年プチ旅 秋の陣 第3段(四国ふたたび編)②

「三観広域行政組合消防本部」の消防カード

G

隣にある観音寺市役所にてマンホールカードGET

Set

観音寺郵便局の風景印 

Cimg9284_2

 マンホール絵と同じ 琴弾公園の銭形砂絵です

その銭砂形実物(2010-12月携帯電話での撮影)

227

こんなトンネル絵を通過し

Cimg8983_3

荘内浦島郵便局の風景印

Cimg9282

 亀に乗った浦島太郎、浦島太郎親子の墓が描かれている

この局には、20万円掛かった?とおっしゃた玉手箱や

 表には 亀に乗った浦島太郎像が・・・

Cimg8984

Cimg8985

 元々の局名は荘内郵便局だったが

 建て替えの時に「浦島」を追加したんだそうな・・・

更に この局長さんから 荘内半島「浦島伝説」ガイドブックを頂く

Cimg9286

で やはり 浦島太郎親子のお墓を見ないと・・・

Cimg8986

Cimg8987

 説明によると 右の石碑の台が亀のようだとウムムー

こちらが 浦島太郎親子のお墓だそうです・・・

Cimg8988

隣の箱浦ビジターセンター裏には・・・

Cimg8992

Cimg8991_2

Cimg8990_2

もちろん この地域のマンホール絵は 浦島太郎ですよね

Cimg8993

2017年11月 8日 (水)

2017年プチ旅 秋の陣 第3段(四国ふたたび編)①

翌朝6時前から 忙しい日がスタート

 要領良く、効率的に 廻らないと・・・

豊稔池堰堤(石積みアーチダム)

Cimg8955

Cimg8960

傍の豊稔大橋の欄干絵

Cimg8961

Cimg8962

観音寺市大野原支所にて

 豊稔池堰堤のダムカードGET

Cimg8965

 このカードをGETするのに、

 豊稔池堰堤の写真撮影が必要だったんですハイ 

この庁舎内にある「大野原郵便局」にて風景印GET

Cimg9285

 豊稔池堰堤が描かれており

 この地区のマンホール絵がこちら(2015-9月に撮影)

A1

雲辺寺ロープウェーの写真(2015-9月に撮影)

観音寺市

豊浜郵便局の風景印

Cimg9283

ちょうさ祭り描かれています

観音寺市下水浄化センターと展示蓋

Cimg8964

Cimg8963

 ここの女性職員さんが他の展示蓋の所在地を

 色々調べてくれたんで行って来ましたッス ハイ! 

ちょうさ会館

Cimg8978

 (ちょうさ祭りの太鼓をイメージした建物なんだそうです) 

 左に手を挙げて立っているスタッフの方が大変親切でした

ちょうさ祭りの小冊子やうどん県おもてなしパスポートを頂く

Cimg9287

迫力の大型3面ビデオを見て 

 実際に生で見たいなぁ~て思ったりして・・・

Cimg8968

 館内展示物を見学(屋台の重さは2トンを超えるんだと・・・)

Cimg8977

Cimg8976

Cimg8974

Cimg8973

Cimg8972

Cimg8970

 この房が新居浜市のマンホール絵に使われているんです

この祭りは、瀬戸内側にこんなに沢山あるんですね

Cimg8975

 この会館内に展示されている「ちょうさ祭り」絵のマンホール

Cimg8971

「うすい」用の実敷設マンホール蓋

Cimg8967

2017年10月23日 (月)

2017年プチ旅 秋の陣 第2段⑦

何と2Kmルートは

 この見島の最高標高?小峠を越えるコースでした。

日差しがきつい中 

 ダラダラと続く登りは 日陰木陰がまったくなく

 ポツリ ポツリと 歌でも歌いながら・・・

峠の巡り番所

Cimg8843

ここから やっと下りですホッ!

フェリー発着場を通り過ぎ

「日本海海戦とロシア兵漂着地記念碑」

Cimg8845

日露戦争の日本海海戦で撃沈された

 ロシアの特務艦カムチャッカ号の乗組員56名が

 明治38年(1905年)5月28日に ここに上陸、

 その乗組員たちを村を挙げて救護したのだそうです

更に先へ行くと 欄干の「鬼ようず」

Cimg8846

更に先へ行くと

萩市指定史跡 宇津観音寺観音堂

Cimg8847

Cimg8848

Cimg8849

Cimg8850

Cimg8851

全国3か所といわれる正観音を祭っている観音堂の一つで

 「冥土への入り口」と呼ばれているんだと・・・

 ご本尊は かの弘法大師作となぁ!

見島の北の宇津港 (自販機もありません)

Cimg8852

Cimg8859

見島の南側の木村港を経由して

Cimg8855

離島 見よ!この雲一つ無い深い青空・・・

Cimg8857

Cimg8858

本土 上陸後 萩城跡

Cimg8863

Cimg8860

Cimg8861

Cimg8862

Cimg8870

県道32号を南下し

 「涙松跡」の碑

Cimg8865

 「萩城下から山口・防府へと通じる萩往還沿いにある碑。

 ここを過ぎると萩の町が見えなくなってしまうため、

 ここが城下を見ることができる最後の見納めの地でした。

 人々はここで松並木の間に見え隠れする萩を見返り、

 別れを惜しんで涙し、また帰った時には嬉し涙を流したということから、

 いつしか「涙松」と呼ばれるようになりました」とさ

幕末、吉田松陰が安政の大獄で江戸に送られる時に

 ここで読んだ一首

「かえらじと思いさだめし旅なれば、一入(ひとしお)ぬるる涙松かな」

 傍の路傍の道しるべ

Cimg8866

近くの 道の駅「萩往還」で遅い(夕食に近い)昼食

 ここの名物なんだと・・・

Cimg8867

後は ひたすら中国道 九州道を走って

 今回も 無事 帰宅す・・・

次回の旅はどこ行こう?・・・

2017年10月22日 (日)

2017年プチ旅 秋の陣 第2段⑦

島内に八十八ケ所巡りがあるようですね

Cimg8832

Cimg8833_2

遠くに見える 見島ダムまでテクテク歩いて行く

Cimg8836

偶然にも 珍しいオリジナルマンホールを発見

Z8

トボトボと 支所まで戻り、ダムカードを貰う

Cimg8876

支所内には 「鬼ようず」が・・・

Cimg8839

 奇怪な形相の凧(たこ)

「平安時代からともいわれていて、

 長男が生まれた家では子供の成長を祈って、

 その年の暮れに親戚や知人が集まり大凧を作り、

 正月に この凧を揚げる風習がある」んだそうです

そして その凧の横には

 ここ見島で 

映画俳優 故松方弘樹が釣り上げた巨大マグロの写真

更には その時使った釣り道具が寄贈されていました。 

Cimg8840

晴天の中を歩いて 汗を掻いていたので 

 少し先の自販機まで行って やっと喉を潤し

島北の宇津地区を目指す

亀池との表示がある「何の変哲もないため池?」

Cimg8842

ここに宇津地区までの距離表示が・・・

Cimg8841

 右ルートは約3Km

 左ルートは約2Km

だれだって 普通2Kmルートを選択するよね!

 これが 大失敗なんです

 続きは明日・・・

2017年10月21日 (土)

2017年プチ旅 秋の陣 第2段⑥

以前 この萩港から 萩大島にも渡ったんですが・・・

Cimg8817

今回は 沖合45Km先の見島へ 

 見島のパンフで 島内巡りを思案す

Cimg8814

Cimg8813

朝9時5分 萩港発 見島行きフェリーに乗船

Cimg8815

Cimg8816_2

Cimg8818

 1時間15分後に 見島上島 テクテク歩き廻る

初めに 見島牛がお出迎え・・・

Cimg8819

地元の若者に場所を訪ねて 「おしあい館」

 住吉神社例祭で行われる

 勇壮な和船競漕の船「金波」「銀波」を展示

Cimg8820

Cimg8821

その住吉神社?

Cimg8822

男性のシンボルを象徴した笠石①

Cimg8823

 笠石の上に小石を乗せることによって

 女性が良縁を得られるという原始的信仰なんだと・・・

見島八幡鰐口(現物は見れなかったんです)

Cimg8824

Cimg8825_2

すぐ傍の 讃岐坊梵鐘

Cimg8826

Cimg8827

萩市役所支所前の笠石②

Cimg8828

ジーコンポ古墳群

 7世紀後半~10世紀初頭にかけて造られたものなんだと

Cimg8829_2

Cimg8830

蔓草に覆われた笠石③

Cimg8831

2017年10月18日 (水)

2017年プチ旅 秋の陣 第2段④

重要有形民俗文化財「蓋井島の山の神の森」

Cimg8780_2

Cimg8781

Cimg8785

ひたすら歩いて小峠を越えると

エミュー牧場その①

Cimg8782

Cimg8784

好天晴天の中 汗をかきかき

 来た道をトボトボ・テクテクと戻り 更に島内をウロウロ

Cimg8787

Cimg8788

堤防上で車座酒盛り中の老いた釣り人横を抜け

 若い釣り人を冷やかし等々

 のんびりとした時間がをマッタリと過ぎてゆく・・・

別(学校上)のエミュー牧場その②

Cimg8789

Cimg8790

定刻に離島

Cimg8794

Cimg8795

本土に上陸後

 R191 → 県道39号 → R435 → R491で

 峠越えの直前で なっなんと通行止め! ゲゲゲツ!

 もう一台 同じように困惑していた福岡ナンバーの車1台

仕方なく R435で豊北町まで戻り

 県道39号で北上 R191に出た所で燃料補給

 このガソリンスタンドで聞いてみたら

 昨夜の雨でR491は崖崩れが発生し

 通行止めになったとラジオニュースで言っていたと・・・

R191東進 R491を南下

やっとのことで 大坊ダム

Cimg8796

2017年10月17日 (火)

2017年プチ旅 秋の陣 第2段③

夜中の3時に目が覚め

 再度寝ると 寝過ごしそうな気がしたので

 そのまま走り始める!

下関ICで降りて、R191を北上

 吉見港の駐車場にて二度寝(ここも静かシ~ン)

 ただし 駐車代が必要なんです(¥400セルフ支払)

 実はここは3度目の正直!

 (過去2回は遅刻で乗船出来なかったんですヘヘヘツ!)

8:30発の「蓋井島(ふたおいしま)」行き渡船に乗船

Cimg8763

 下関市営で定員70名のこの渡船

  なんと「かわいらしい女の子二人」での

  操船と運航でした(いいね!)

更に この日は 山口県廃棄物・リサイクル対策課主催の

 「海岸清掃エコツアー」への参加親子等が50名程も一緒でした。

 漂着物調査で、海岸に漂着しているごみを種類ごとに分別し、

  重量や排出国などの調査をしたり、

 地元海産物の海鮮バーベキューや刺網体験もするんだと・・・

 地方自治体 がんばっているんですね。 

35分程で「蓋井島」に到着し、

 次の出港時刻12:10までの3時間で島内を散策す。

人口100名足らずのこの島ですが、

 漁業集落排水事業で下水道が整備されてるんです。

マンホール蓋は下関市内の蓋絵と同じ

Cimg8764

Cimg8765

Cimg8766

Cimg8767

Cimg8768

島の案内板はこれだけ

Cimg8770

Cimg8773

海岸清掃エコツアーの親子

Cimg8774

更に島内散策は続く

上水道は本土から送っているんですね

Cimg8775

案内板にあった「山ノ神」

Cimg8776

立て看板には 「蓋井」名の由来が書いてありました。

Cimg8777

ザぁーと説明すると

 「(古事記や日本書紀に登場する)神功皇后が

 この島に立ち寄った時に おいしい水の井戸を

 敵に隠すために蓋をさせた」んだと・・・

ちょっと奥には

Cimg8778

2017年10月15日 (日)

2017年プチ旅 秋の陣 第2段①

雨の中 博多湾内に浮かぶ「能古島」

 高校生だったかなぁ?頃以来の半世紀ぶりの訪問

Cimg8746

Cimg8744

Cimg8745

Cimg8747

Cimg8748

Cimg8749

Cimg8750

振り返れば 福岡の街・・・

Cimg8751

能古郵便局の風景印

Cimg8757

 なんと 局員さんの一人は

 小生の住処にある 某短大卒だそうでした。

雨の中 わずかな時間を利用して お参り・・・

Cimg8752

Cimg8753

Cimg8755

Cimg8756

早々に 能古島を離れ、

 次の風景印を求めて 移動す

2017年10月10日 (火)

2017年初秋のプチ旅⑦

しまなみ海道を北上し、中国地方に上陸

松永はきもの資料館」を訪ねる

地元の65歳以上のシニアは入場無料とな!

 地元以外のシニアに特例(差別の意味がわからん)は無く

 ¥300を払う

Cimg8666

Cimg8665

Cimg8646

Cimg8647

実際のアスリート達が使った多種多様なシューズが・・・

身長184cmの小生の靴サイズは28cmですが

 35cmの靴サイズには驚き!!! 

Cimg8648_2

Cimg8649_2

Cimg8650

Cimg8651

Cimg8652

Cimg8653

Cimg8654

Cimg8655

Cimg8656

玩具の展示コーナーも・・・

Cimg8657

Cimg8658

Cimg8659

Cimg8660

Cimg8661

Cimg8662

Cimg8664_2

Cimg8667_2

2017年10月 8日 (日)

2017年初秋のプチ旅⑤

松山城に登城

Cimg8621

 (坂の上の雲ミュージアムとの位置関係マップ)

ロープウェイで上り 天主閣からの眺望等

Cimg8620

Cimg8611

Cimg8612

Cimg8613

Cimg8614

Cimg8616

Cimg8618

Cimg8617

Cimg8615

Cimg8619

Cimg8739

愛媛国体の開催に向けて

 天皇皇后両陛下が行幸されたので

 交通規制や渋滞の中を、松山自動車道に乗って南下

 伊予IC ~ R378にて 下灘郵便局を目指す。

が、しか~し 到着したのは 午後5時5分

 既に 閉局! 間に合わず! 残念!!!

 実は ここの郵便局の風景印が

 「JR下灘駅のプラットホームから見る夕日」なんですが・・・

 (仕方ないので 後日郵頼をすることにする。)

ってことで 下灘駅の夕日をパチリ

 (時間帯はちょっと早かったが・・・)

Cimg8626

 逆光もカメラ設定で そこそこ撮れますね!

ここは、有名な撮影ポイントで 大勢のマニアがいました。

 (NHK72時間ドキュメント(定点観測番組)

 木曜日夜TV放送の「プレバト」での俳句課題でもありました。)

翌日の移動を考え

 再び 松山自動車道を北上し

 石鎚山SA(道の駅「小松オアシス」)まで移動

 椿温泉「こまつ」にてほっこりし 車中泊

2017年9月26日 (火)

長崎県島原を訪ねる②

帰途は 島原市内を散策しながらとす!

 観光案内所でもらったガイドマップを頼りに

Cimg8545

サンシャイン中央街をメインに「湧水巡り」をしてみた

島原城から10分程歩いてくると 路上にこんなものが・・・

Cimg8509

通路の両側に ポツリポツリと湧水が・・・

Cimg8510_2

Cimg8511

Cimg8512_2

Cimg8513

「水屋敷」は喫茶店! 飲食が当たり前ですね・・・(確かに)

 喉も渇いていないし

 お腹も減っていないし、入場せずですハイ(湧水見れず)

Cimg8514

ここのアーケード街は、柱の中に消火栓?配管が内蔵されています

Cimg8515

Cimg8516

                 ゆとろぎ足湯ってのが・・・

Cimg8517

Cimg8518

                枯れたのか?ってのも・・・

Cimg8520

Cimg8522

Cimg8523_2

Cimg8524

      アーケード街をはずれて 「鯉の泳ぐまち」にも・・・

Cimg8525

Cimg8526

                  「水神」様も・・・

Cimg8527

Cimg8528

Cimg8529_2

Cimg8530

                 コンコンと湧水が湧いています

Cimg8531
カーブミラー 確かに「御用心」ですね・・・

 再び アーケード街に戻って

Cimg8532

Cimg8533

Cimg8534_2

Cimg8535

                 水槽下には亀が・・・

Cimg8536

再び アーケード街を外れて

Cimg8537

Cimg8538

アーケード街の南のはずれ

Cimg8539

国道251号を東に横断し

「浜の川」湧水

Cimg8540

 散策を終了 歩いた距離3、5Km あぁ~疲れた!

 路線バスに乗って 島原外港へ移動

 足湯でマッタリ

Cimg8543

Cimg8542

島原港ターミナルから フェリーで帰途につく

Cimg8544

2017年9月25日 (月)

長崎県島原を訪ねる①

久しぶりの公共交通機関を利用した「おでかけ」

過日 JRやバスを利用する機会があり、

 偶には良いかも・・・てことで

熊本港~島原港間のフェリーと路線バスに乗る

Cimg8493

Cimg8494

船内で早速ビールでしょ(飲み終わった空のコップ・・・)

Cimg8496

Cimg8497

小生が乗った所要時間30分のフェリーが

 10分先行出発した所要時間1時間のフェリーを追い越すの図

Cimg8498

Cimg8499

対岸(島原)の眉山には 雲がかかって・・・

 (1792年の「島原大変・肥後迷惑」となった火山)

島原外港着後 路線バスにて 島鉄「島原」駅へ移動

Cimg8502

Cimg8500

いよいよ歩き開始

Cimg8501

Cimg8503

天主閣に登城

Cimg8507

Cimg8504

天主閣からの眺望

Cimg8505_2

Cimg8506

お城スタンプとガイドブックの写真と同じアングルでパチリッ!

Cimg8546

Cimg8508

今回で 日本100名城の内 九州の13城を制覇

2017年9月12日 (火)

エンジンが掛からない!?????

福岡県志免町のマンホールカードを入手すべく

九州道 → 福岡IC 多々良川浄化センター

9月10日は「下水道の日」ってことで

 このセンターに立ち寄ってみた

Cimg8398

Cimg8397

Cimg8396_2

Cimg8399

県道を南下し、駕与丁池に立ち寄る

 九州道の「粕屋町カントリーサイン」の絵柄

Photo

 これは何だろうと思っていたものが・・・

この池にあったんです

Cimg8407

Cimg8408

Cimg8409_2

Cimg8411

更に南下し、志免町の情報発信基地「シーメイト」へ

 ここで お目当ての「志免町マンホールカード」をGET

Photo_2

絵柄の竪坑櫓や蓋の現物もパチリ!

Cimg8414

Cimg8413

本日の予定 終了 さあ帰ろう!

暑いのでエンジンかけっぱなしにして

 駐車場に止めていた車内の

 温度が異常に暑い(ファンは回っているが)?

 エアコンスイッチをON/OFF 繰り返してもダメ??

 取りあえず OFFにして 

 ギアーをPからDにしようとしても シフト出来ず(動かず)???

一度 エンジンを切ってみて・・・ 

 ムムムツ!エンジンがかからない????

ヒューズを点検するも異常なし

4月に交換したばかりのバッテリーも見た目には異常なし

 しばらく 放置して 再始動をしてみるも「おとすら」なし?????

ギブアップ!

うまい具合にシーメイト内の公衆電話にあった電話帳で調べ

 「マツダ」に出動要請!

レッカーで移動し 調べて頂いたら

 オルタネーター(発電機)の故障だと!

新品7万弱~中古4万弱の出費のようである

 それにしても 人里離れた山中とか 

 遠い旅先でなくってよかったホッ!・・・

修理を依頼し 路線バス → JRを使って帰宅

2017年7月 1日 (土)

我が人生 初の「茅の輪くぐり」を体験す

熊本城内にある「加藤神社」の夏越の祓(なごしのはらえ)神事

駐車場は混むだろうと思い 路線バスで移動し

 お城を目指して 歩いて行くと

 いきなり 熊本地震の被災が目に入る

Cimg7988

報道では見知っていたが

 現実を見たのは初めて・・・

初めに 城彩苑にて熊本城のスタンプをGET

Cimg8008

城内全域立ち入り規制のフェンスに沿って

 加藤神社に向かうと 随所に爪痕が・・・

Cimg7990

Cimg7991

Cimg7993_2

Cimg7994_2

小雨が降ったり止んだり 無風多湿の中 

 汗だくになって やっと神社に到着

Cimg7995

Cimg7996

Cimg7997

Cimg7998

時代ですね ペット用や車用まであります

Cimg7999

Cimg8000_2

いよいよ 神事の始まりです

 雅楽の生演奏付きです

Cimg8003

Cimg8004Cimg8005

chinowakugurikata

正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓い

 無事に夏の暑さを乗り越え、元気に何事もなく、無病息災を願う

てくてくと 来た道を戻り

 路線バスのバス停に到着して

 時刻表をみたら 1時間に1本しかないのに

 わずか2分後にそのバスに乗れたんです

 早速 御利益が有ったかとワハハッ!・・・

2017年6月28日 (水)

蓮まつり

5年前は 6月23日10時過ぎの訪問

 今回は 6月26日11時過ぎの訪問

Cimg7969

Cimg7970

今年は 開花数が圧倒的に少ない

Cimg7975

僅か1ケ所のみにかたまりが・・・

Cimg7982

Cimg7981

 20分程で引き揚げたんです・・・