フォトアルバム

今・NOW・なう


  • ジオターゲティング
  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

おでかけ Feed

2015年12月18日 (金)

52年ぶりに恩師や同窓生に再会

小学校卒業以来でした

20151122

皆それなりのじじぃやばばぁになっており、

 卒業アルバムでの確認しながらであるが、

 なにせ 半世紀の時間が長すぎて

 名前と顔と現物(!)が結びつかないトホホッ!

このミニ同窓会に出席していたF君から、

 当時のPTAが発行していた「百道(ももちと読む)新聞」を

 送付して頂いた

Photo
その記事の中に「百道小学校の歩み」があり、

 「昭和29年に分校として創設された」と初めて知りました。

以前 卒業アルバムから複写した数枚の写真

 運動場以外は防風林の松林の中にありました

2
集合写真(52年前の小生が写っているんですが・・・)

4
修学旅行(阿蘇山でした)

6
その他

7 
こんな写真も出てきたのですが、

 どれが自分かなぁ~って???

1456001_181488548711999_1667832812_

2015年10月22日 (木)

美の国 日本

九州国立博物館で開催されている

日本屈指の至宝の展覧会」(=期間限定HP)を見てきた

Cimg8076Cimg8078
 勿論(何故なんだろう?)

  展示物は撮影禁止である

 平日だというのに 相当な人が訪れていたが、

 今日の日本には、

  4人に一人いるという65歳以上が圧倒的に占めていた。

福岡に来たついでに、

 福岡市美術館も訪ね、

 国宝「曜変天目茶碗」も見てきた

 こちらは 見物客はまばらであった

Cimg8085Cimg8079
裏手にある「大濠公園」

Cimg8081
 40数年ぶりの訪問である

 昔は どこでも釣りが出来ていたが・・・

Cimg8082 
 椅子には 昔懐かしい童謡が記してあった

Cimg8080Cimg8083 
Cimg8084すぐ傍にある我が母校も見てきたが、

完全に建て替えられていて

半世紀前の卒業当時の面影は

全く無かった

2015年10月20日 (火)

24時間 1000Km越えを走破

遠い親戚の方が亡くなられ、

葬儀に出席するために強行してきた

夜9時に出発

 只管 高速道を休憩の為に度々SAに寄りながら走る

 朝4時に目的地に到着

4時間程の仮眠を取って

 更に1時間半程離れた葬儀場に移動

葬儀を終え 昼過ぎに

 自宅に向けて 走行開始

地道を走り、途中でちょっと蓋写真を撮り

A1A2
高速道を走る!はしる!ハシル!

 途中での休憩を繰り返しながら

自宅帰着が 丁度 夜の9時

 結果的に 24時間で1024Kmの走行でした

あ~疲れた

2015年10月19日 (月)

「バラまつり」に出かけた

Cimg8061Cimg8063

380種 約3000本のバラだそうです

香りによる6種類
 嗅いで見ると確かにそのような・・・

Cimg8055Cimg8056

Cimg8057Cimg8058

Cimg8059Cimg8060

美女や王室 殿堂入り等のコーナーも 

Cimg8062Cimg8064

 

 

 

Cimg8065Cimg8070

Cimg8066Cimg8068

Cimg8069Cimg8067
全体的に時期がちょっと早かったか?

 勿論 すべてのUPは撮れませんね・・・

トマトがすずなり

Cimg8074Cimg8071_2
シリーズのこんなポスターも

Cimg8073_2Cimg8072_2 
これがこの公園のシンボルマークです

Cimg8075
 中央には牛 上部は阿蘇山

2015年9月16日 (水)

長崎県離島の蓋 ファイナル その4(最終回)

江の島から 友住港に帰島後

Cimg7430

 

 

 

駐車していたレンタルバイクで、

世界遺産の「暫定リスト」に登録された

 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の1つ

頭ケ島天主堂を訪ね、

Cimg7426Cimg7427
「龍馬ゆかりの地」を訪ねる

Cimg7428Cimg7429_2
 彼が設立した「亀山社中」所有の帆船ワイルウェフ号が

 沈没した方向を向いているんだと・・・

有川地区で予約していた宿に投宿

12日

2日続いた早朝起床の反動?で8時起床

レンタルバイクで、

 新上五島町内の左周り一周に出かける

Cimg7431

 

 

 

流石に「名物の五島うどん」

Cimg7432

 

青砂ケ浦天主堂

信者の婦人部?の方々が

清掃活動をされていた

Cimg7433「矢堅目の駅」という所で

 天然塩の製造所を訪ねる

60万円もするステンレス製鍋で

500㍑の海水を

近所の方が提供してくれる廃材木で煮詰め

濃度の濃い海水を作るのが 第一段階なんだと・・・

人気のおかげで、製造が追いつかないとも・・・

Cimg7435

 

 

  矢堅目公園

Cimg7436

 

 

 

 

 

観光MAPによると

洋上石油備蓄基地なんだと・・・

Cimg7438

 

 

 

町の花「椿」?

 

Cimg7439

   

    

ガソリンスタンドの方に

 奈良尾地区の「あこう樹」と「足湯」を教えて頂く

Cimg7441Cimg7447 
Cimg7446

 

    

Cimg7448

 

  

   

 

 

 

「希望のマリア」

小さな港の堤防外(海側)に立っていました

一周を終え、レンタルバイクを返却

名物「五島うどん」を「五島うどんの里」で食す

Cimg7450 
Cimg7452

 

 

 

出身地なんですね

海童神社

Cimg7453Cimg7454
ターミナル内の「鯨賓館ミュージアム」を見学

Cimg7451Cimg7455
いよいよ 長崎離島の旅ファイナルも 離島となる

Cimg7456Cimg7457 
Cimg7460

 

 

 


   

 おまけ カントリーサイン

 新上五島町は5つの旧町が合併したんです

Cimg7402Cimg7403

Cimg7437Cimg7440 
Cimg7449

 

 

 

2015年9月15日 (火)

長崎県離島の蓋 ファイナル その3

新上五島町の有川地区の宿を探すも

 どこも満室 ちょっと離れた青方地区も満室

 やっと確保した宿は、有川港から車で15分

これからの行動を考え、レンタルバイクを2日間借りる

有川地区の蓋

A1c2
宿の夕食で摂った「エビマヨ」

Cimg7404_2

 

 

 

器が変わっていたので・・・

11日

朝5時半に起床

レンタルバイクで、友住港まで移動し、駐車

Cimg7406

 

 

 

港の浸食された岩

フェリーで、西海市崎戸町の江の島に渡る

Cimg7407Cimg7405

Cimg7409

 

 

 

出港

Cimg7410

この航路(崎戸商船)

 インターネットでは

各寄港先の時刻表を公開していない

 
Cimg7408室外に設置してある「吸い殻入れ」

 塩水での腐食で、

 すっかり穴が開いている

 

江の島

Cimg7411Cimg7412
 水玉の凹凸が逆になっている蓋

A11A12
島内唯一の見どころ「碁石海岸」を訪ねる

 集落で島民に訪ね、通り道にあった「江島出張所」にて

 地図を頂き トボトボと歩く

 足の肉刺は潰れて、痛い・・・

Cimg7419

Cimg7418Cimg7420 
Cimg7421道々咲いていた花々

 

 

 

Cimg7424

離島での工事は大変なんだなあ~

材料資材は勿論、トラックや重機もクレーン船にて搬入

 フェリーが入港しない時間帯での荷揚げ作業でした

友住港に戻るフェリーの時刻までの、

 7時間余りの待ち時間に、

 持ち込んだ文庫本を読み終えた

 (この航路 1日1往復しかないのです)

長い長い待ち時間を終え、やっと乗船

Cimg7425

2015年9月14日 (月)

長崎県離島の蓋 ファイナル その2

10日

朝6時起床 朝食後 港ターミナルへ

Cimg7352_2Cimg7354
6時55分発の小値賀島行きに乗船

Cimg7353Cimg7355
朝日の中の出港

Cimg7356Cimg7357
何と 昨日の同宿の方も同乗

荒波は昨日よりは小さくなっていたが・・・

小値賀島

Cimg7358Cimg7360
港ターミナル内には、鹿の剥製

Cimg7359
ターミナル内の「おぢかアイランドツーリズム」にて

 電動アシスト自転車を借りて、

 左周りの島内一周に出る

あわび館

Cimg7363Cimg7361
牛の塔

Cimg7367Cimg7368
長崎鼻           五両ダキ

Cimg7372Cimg7373
ポットボール

Cimg7375Cimg7376 
荒波で現物は見れずCimg7377

 ちょっと手前の祠内に

 レプリカが・・・

 

あこう樹Cimg7378

ハンモックやテーブル椅子で

 ゆっくり のんびり

 を演出?・・・

 沢山のお地蔵さん

Cimg7381_2小値賀町歴史民俗資料館

Cimg7382

 

 

 

 

 

ご婦人の館長さんとの談笑が弾みました

 お茶まで頂きました 

旅目的の蓋 2種

A1A2 
ターミナルに戻り

 レンタルサイクルを返却

 (後ブレーキが甘く、ドラム音が大きいと伝えた)

ターミナル内には、Cimg7387

 仮眠所がありました



 

インターネットでは紹介していない

 新上五島町有川港行きの高速船に乗る

Cimg7383Cimg7390

Cimg7392Cimg7394_2 
Cimg7393乗船券は、船内で購入

 Cimg7395

 

 

 

荒波を蹴散らしての航行

 ちょっと不安を感じたが、

 無事に有川港に降り立つ

2015年9月13日 (日)

長崎県離島の蓋 ファイナル その1

8日

 夕刻前 台風18号の動向を窺いながらの出発

ニュースでは、各地の船の欠航が流れているが、

 翌朝 佐世保港発の離島行きに乗る為に

 取り敢えず 道の駅「彼杵の荘」まで移動し、車中泊

9日

 港ターミナル傍の欄干

Photo

1日600円の駐車場に入庫

発券窓口では、高速船の欠航が表示されているが、

フェリーは、時刻通り出るとのこと

12
佐世保港は、軍港なんだと再認識す

2_23
湾を出ると 海上の波は、段々高くなり

Cimg7340
 外洋は、船員さんの話では、4メート程だという

まっすぐ立っておれないし、船酔い寸前で

 外洋の荒波の写真を撮れる状態には有らず・・・

 こんなに揺れている中、 

 わたしの横に乗っている仕事風の男性は、

 美味しそうに弁当を食べていた

  すごい!!と感心す。

 なんと この方とは 同宿となったのである

2時間半後 やっとの思いで 

 今回最初の島「宇久島」に上陸

 船を降りても、身体は揺れているし、

 吐き気は治まらないし・・・

更に 次の島「小値賀島」行きの船は欠航とな トホホツ!

取り敢えず、ターミナル内の観光協会で

宿泊先(旅館)を確保し、

 (後で聞いた話だが、宿探しの折に話をした会長さんは、

 民宿をされているんだと・・・(失礼しました)

 御当地ナンバーを付けたレンタルバイクを借り、

2_31_2

 強風の中 ハンドルを取られながらも、

牛の放牧も、観光客もいない「対馬瀬灯台」を訪ね、

Photo_3

対馬瀬には、荒波が押し寄せています

1_32_4

天然記念物「ソテツ巨樹」

Cimg7347Cimg7348
 神功皇后の朝鮮出兵時の島の娘伝説だと・・・

宇久牛も・・・(今日は放牧していないとのこと)

Photo_4
じゃーん! さてさて これが本命の島の蓋です

Cimg7346
対馬瀬灯台、宇久牛、

 旧宇久町の木「黒松」、町の花「ヤマツツジ」

レンタルバイクを返却後、平地区を散策

神島神社

Photo_6祭神は、

初代天皇「神武天皇」の父尊

「建鵜葦草葦不合命」とある

 

海士の歴史と捕鯨文化の里「浜方ふれあい館

Cimg7351
館長さん?に説明をして頂きました

 ありがたいことです

 アワビ取り名人の記録があり、

 昭和3年から昭和47年までの間で

 一人で 57トンもの水揚げをしたんだと・・・

 因みに 第2位は27トンとある

宿に入り、

 両足が痛いと思ったら、何と肉刺(まめ)が・・・

 情けないトホホツ!

夕食を取りながら、

 旅館の御主人や同宿の方との会話がはずむ

 海上自衛隊の掃海艇の1艇に

  「うくしま」の名前が付いているんだとか・・・

 佐世保出港時 右側は米軍基地

  左側が海自基地だとか・・・等々 

飲酒もあり、ホットして 就寝

2015年3月 9日 (月)

佐賀県小城市の牛津梅花が満開

小城市牛津浄化センターでの

 展示マンホール蓋撮影後

近くの牛津神社裏山の梅林に寄ってみた

Cimg5804Cimg5805

Cimg5806Cimg5807

Cimg5808Cimg5809
 白色、桃色、赤色が咲き乱れ

 翌土日曜日が「梅花まつり」との案内でした

2015年2月12日 (木)

'15 くまもと春の植木市

今年も開催されています

Cimg5758Cimg5759

Cimg5760Cimg5764

Cimg5762Cimg5763 
Cimg5761 

2014年11月28日 (金)

宮崎県のレアマンホール蓋の撮影行(エピローグ)

本日朝から足の筋肉痛になっている

宇納間地蔵の階段365段を登った為だろう

毎週月曜日と水曜日に各2時間

 ミニバレーボールで運動しているのだが・・・

情けないやら悔しいやら

 歳のせいにはしたくないのだが・・・

宮崎県のレアマンホール蓋の撮影行④

椎葉村十根川地区の農業集落排水の蓋

A1
 ここも集落数は極めて少ないようです

 平家の家紋「あげはちょう」です

続きを読む »

宮崎県のレアマンホール蓋の撮影行②

宇納間地蔵を訪ねる

 仁王門左右の仁王像

Cimg5652Cimg5653
 365段の階段を只管に黙々と登る

Cimg5658

続きを読む »

宮崎県のレアマンホール蓋の撮影行①

高千穂郵便局訪問後

 R218の 延岡市北方町トンネル絵

1
 よく見ると 左右に干支の絵が・・・

23
 この旧北方町は、

  延岡市に合併されるまでは、 

  全国で唯一珍しく干支による住所表記を持っていたんだそうです

  その名残りでしょうね・・・

続きを読む »

2014年5月25日 (日)

金印公園

残念その③

 久山町で多々良川流域蓋を探すも発見出来ず!

新宮町では

A1h
今夜の宿を求めて

 志賀島の金印公園を目指す

続きを読む »

2014年5月17日 (土)

龍天橋

宮崎県日之影町大人地区の

 農排用マンホール蓋に描かれている龍天橋

 (マンホール蓋絵は

  「日本マンホール蓋学会」のHPで見て下さい)

Cimg4264
遠景

Cimg4267

 しかし 蓋絵とは若干違いがありような?・・・

下の道路まで降りて

Cimg4268 

続きを読む »

伊唐大橋

鹿児島県長島町三船地区の

 漁業集落排水マンホール蓋に描かれている

 (マンホール蓋絵は

  「日本マンホール蓋学会」のHPで見て下さい)

 「伊唐(いから)大橋(鹿島建設施工)を訪ねた

Cimg4251
 まずは山上にある「針尾空中公園」の展望所から

Cimg4254

屋上から

Cimg4252

この展望所のトイレがユニークでした

続きを読む »

2014年5月14日 (水)

有田陶磁の里プラザを訪ねる

GW中の陶器市の混雑を避けて

 5月13日 有田焼きを見に行く

Cimg4220 
ショッピングモールに25店舗が集結

通りを挟んで

Cimg4217 

Cimg4222

 

続きを読む »

2014年2月15日 (土)

くまもと春の植木市

今年の目玉

Cimg3933
 1500万円也の黒松

 小宅の庭には まだ小さい

  なんて言ってみたい・・・

続きを読む »

2014年2月 1日 (土)

信じがたい偶然に驚く!

同窓会の翌日

 マンホール蓋の撮影を行いながら

 昼前に「九州国立博物館を訪ねる

Photo_5 
この写真を撮っていたら

 後ろから 小生を呼ぶ声がした

続きを読む »

同窓会 その2

 今回も新たに45年ぶりの同級生一人と再会

 やはり お互の顔や体型の変化に戸惑い・・・

今回の会場は、

 同級生がオーナーシェフしている

 地中海料理店でした

Photo_2
 (翌朝の撮影)

 

続きを読む »

2014年1月29日 (水)

恒例 熊本のJA植木市

春を迎える準備ですね

Cimg3848
平日なのに人で賑わっていた

 毎日サンデーの方々のようでしたが・・・

Cimg3847 

続きを読む »

2013年12月14日 (土)

警固公園のイルミネーション

先日 40数年ぶりに福岡天神に行った折に、

 警固公園のイルミネーションに遭遇

Cimg3825

続きを読む »

2013年4月 4日 (木)

作敷城跡を訪ねる②

城跡に咲く、可憐な花々を接写する

 Cimg2584

 かなりピン呆け・・・

 花の名前は知らない

続きを読む »

作敷城跡を訪ねる①

作敷城跡 

 2_4

続きを読む »

2013年2月26日 (火)

熊本の春はもうすぐそこに・・・

春よ、来い

毎年恒例の植木祭りに行って来ました

(2017-04-15 写真削除)

続きを読む »

2012年12月19日 (水)

日田市天瀬町の境界看板の絵柄説明

日田市天瀬天瀬振興局産業建設課から

 絵柄の説明を頂きました

こんな看板でした

 (2017-04-15 写真削除)

続きを読む »

2012年10月21日 (日)

人吉市経由五木村を訪ねた

九州自動車道で山江村を通り抜け

 

人吉市では こんなマンホール蓋の親戚を撮影

(日本マンホール蓋学会のHPで見て下さい

   写真削除'13-07-14) 

  この絵柄は・・・

続きを読む »

童話の里 道の駅くすには・・・

私の釣行時の車中泊定宿(?)には、こんなのが・・・

 (2017-04-14 写真削除)

 横には 説明書き

続きを読む »

大分県玖珠町のモニュメント

ハロウィンフェスティバルの

 仮装パレードが有った春日商店街

 (多分玖珠町のメインストリート?)の歩道には

 何故かこんな石造モニュメントが・・・

 (2017-04-14 写真削除)

続きを読む »